ロード世界選手権2012マルティンが世界選2連覇 男子エリート個人TT

  • 一覧

 オランダ・リンブルクで開催されているロード世界選手権は9月18日、男子エリートの個人タイムトライアルが行われ、トニー・マルティン(ドイツ、オメガファルマ・クイックステップ)が優勝。2位は5秒差でテイラー・フィニー(アメリカ、BMCレーシング)、3位には1分44秒差でヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ、モビスターチーム)が入った。日本人選手はエントリーしていない。

トニー・マルティン(ドイツ)が貫禄の走りを見せたトニー・マルティン(ドイツ)が貫禄の走りを見せた

 最大高低差約100mと“平坦ではない”45.7kmのコース。最終走者として出走した昨年の覇者マルティンは、上り基調となった第1チェックポイント(14.3km)までのタイムでは2位だったが、第2チェックポイント(29.7km)で1位に躍り出ると、2分前に出走したブエルタ覇者のアルベルト・コンタドール(スペイン、チームサクソバンク・ティンコフバンク)を抜き去ってゴールまで疾走。昨年に続いての世界選手権2連覇を達成した。

 今年22歳と年齢的にはU23に該当するフィニーが2位。第1計測ポイントではトップのタイムを出したが、長い下りを含む第2計測ポイントまでの区間でマルティンに逆転を許した。終盤追い込んだが惜しくも届かず、表彰台では悔しい表情を見せた。

表彰台。左から2位のフィニー、優勝のマルティン、3位のキリエンカ表彰台。左から2位のフィニー、優勝のマルティン、3位のキリエンカ
世界選手権2連覇を達成したマルティン世界選手権2連覇を達成したマルティン

エリート男子個人タイムトライアル結果
1 トニー・マルティン(ドイツ) 53:38.76
2 テイラー・フィニー(アメリカ) +5.37
3 ヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ) +1:44.99
4 ティージェイ・ヴァンガードレン(アメリカ) +1:49.37
5 フレデリック・ケシアコフ(スウェーデン) +1:50.56
6 ドミトリー・グルズジェフ(カザフスタン) +1:56.44

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載