新城幸也が逃げで魅せた!【速報】ジョン・デゲンコルプがツール・ド・フランスさいたまクリテリウムを制覇

  • 一覧

 「J:COM presents 2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が10月24日、さいたま新都心で開かれ、メーンレースはジョン・デゲンコルプ(ドイツ、チーム ジャイアント・アルペシン)が優勝した。2位は別府史之(トレック ファクトリーレーシング)、3位にはツール・ド・フランス2015総合優勝者のクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)が入った。また畑中勇介(チームUKYO)がポイント賞を獲得。山岳賞はロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル)の手に渡った。終盤に逃げを見せた新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は敢闘賞を受賞した。

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムで優勝したジョン・デゲンコルプ =2015年10月24日、さいたま新都心 Photo: Ikki YONEYAMAツール・ド・フランスさいたまクリテリウムで優勝したジョン・デゲンコルプ =2015年10月24日、さいたま新都心 Photo: Ikki YONEYAMA

14チーム、54選手がさいたま新都心を疾走

スタートラインに並んだ選手たち Photo: Naoi HIRASAWAスタートラインに並んだ選手たち Photo: Naoi HIRASAWA

 レースは1周3.1kmの周回コースを20周の計62.0kmで争われ、海外招待選手7チーム、国内6チーム、それにスペシャルチームを加えた計14チーム、54選手がエントリー。午後3時にスタートが切られ、選手たちはさいたま新都心のど真ん中をハイスピードで駆け抜けた。

 レースは残り2周に入る直前で新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が単騎で大逃げを敢行。最終周回まで逃げ続けたが、後続に追いつかれ、さらにフルームと別府がカウンターアタックを仕掛けるなど熾烈な争いを展開した。最後はデゲンコルプが満を持してスプリントに入り、追いすがる別府らを振り切ってフィニッシュラインで両手を挙げた。

さいたまスーパーアリーナ内のコースを疾走する選手たち Photo: Naoi HIRASAWAさいたまスーパーアリーナ内のコースを疾走する選手たち Photo: Naoi HIRASAWA
さいたま市内の大通りを駆け抜ける選手たち Photo: Shusaku MATSUOさいたま市内の大通りを駆け抜ける選手たち Photo: Shusaku MATSUO

 ※レースの詳報は後ほど掲載します

■2015ツールドフランスさいたまクリテリウム(62km)
1 ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、チーム ジャイアント・アルペシン) 1時間19分30秒
2 別府史之(トレック ファクトリーレーシング) +0秒
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) +0秒
4 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、チーム カチューシャ) +0秒
5 ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル) +0秒
6 新城幸也(チーム ヨーロッパカー) +0秒
7 ペトル・ヴァコッチ(チェコ、エティックス・クイックステップ) +22秒
8 マルコ・コールダン(イタリア、トレック ファクトリーレーシング) +22秒
9 中島康晴(愛三工業レーシングチーム) +22秒
10 中村龍太郎(スペシャルチームジャパンforさいたま/イナーメ信濃山形) +22秒

ポイント賞
畑中勇介(チームUKYO)

山岳賞
ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル)

新人賞
ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル)

敢闘賞
新城幸也(チーム ヨーロッパカー)

チーム総合
トレック ファクトリーレーシング

夕暮れ前の日差しを受けながらヘアピンカーブを駆け抜けるプロトン Photo: Naoi HIRASAWA夕暮れ前の日差しを受けながらヘアピンカーブを駆け抜けるプロトン Photo: Naoi HIRASAWA

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム さいたまTDF2015・レース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載