バイクインプレッション2015「SCOTT FOIL TEAM ISSUE」 エアロダイナミクスと軽量さを両立したオールラウンドマシン

  • 一覧

 軽量なカーボンフレームのパイオニア、スコット。グランツールを走るオリカ・グリーンエッジやイアムサイクリングへ機材供給をするレーシングブランドだ。国内では愛三工業レーシングチームも使用している。今回試乗したのは、フルモデルチェンジを果たしたフラッグシップモデルのフォイル。そのデュラエース仕様のハイスペックモデルである「FOIL TEAM ISSUE」だ。高剛性を保ちながら軽量で、空気抵抗も軽減したオールラウンドマシンとなっている。

SCOTT FOIL TEAM ISSUE(スコット フォイル チームイシュー) Photo: Masami SATOUSCOTT FOIL TEAM ISSUE(スコット フォイル チームイシュー) Photo: Masami SATOU

SCOTT FOIL TEAM ISSUE(スコット フォイル チームイシュー)
価格:980,000円(完成車、税抜)
サイズ:XXS/47 、XS/49、S/52、M/54、L/56
カラー:TEAM ISSUE
問い合わせ先:スコットジャパン
  http://www.scott-sports.com/jp/ja/sports/bike

スペック

フレーム:FOIL HMX IMP, F01 AERO Carbon tech
フォーク:FOIL HMX1 1/4″ – 1 1/2″ Carbon steererIntegrated Carbon Dropout
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 53×39T、11-28T(11s)
ホイール:ZIPP60
重量:7.15kg(Mサイズ、実測値)

ファーストデビューから軽量かつエアロダイナミクスに優れたフレームとして知られてきたフォイルが、ヘッドチューブからリアドロップアウトまでさらに改良をしてエアロ性能を高めた Photo: Masami SATOUファーストデビューから軽量かつエアロダイナミクスに優れたフレームとして知られてきたフォイルが、ヘッドチューブからリアドロップアウトまでさらに改良をしてエアロ性能を高めた Photo: Masami SATOU
主流になりつつあるハンドルとステムが一体型のコックピット「Syncros Carbon FOIL Combo」が搭載される Photo: Masami SATOU主流になりつつあるハンドルとステムが一体型のコックピット「Syncros Carbon FOIL Combo」が搭載される Photo: Masami SATOU
太さのあるダウンチューブだが、フレームは945g(カタログ値)と軽量。ワイヤはヘッドチューブの脇からではなく、フォイルはダウンチューブ裏からフレームに内蔵する Photo: Masami SATOU太さのあるダウンチューブだが、フレームは945g(カタログ値)と軽量。ワイヤはヘッドチューブの脇からではなく、フォイルはダウンチューブ裏からフレームに内蔵する Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 新しくなったフォイルは、カタログで見るよりも、実車はさらにシャープな印象。近未来的な造形で、見た目のインパクトは大きいね。

松尾 そうですね。でも、見た目のイカつさと相反して、以前のモデルと比べると格段に乗りやすくなっていました。前作はリア側に重心がありましたが、前後バランスが整い、扱いやすさも増しています。前後のバランスが整い、スタビリティも上がったように感じましたよ。

米山 以前のフォイルは若干フワフワした感じもあったけれど、新型はロードバイクとしてのバランスが良くなった印象だな。

松尾 リアのブレーキが下側に移ったことで、リアステーの自由度が増して乗り心地を最優先したことが効いて、振動吸収性が格段に上がっています。専用ハンドルの剛性がかなり高いので、振りも軽くよかったですが、ちょっと疲れるかも。エアロ性能に関しては申し分なく、40km/hを超えた時の巡航はラクでした。

米山 オールラウンドに使える1台になったと感じた。踏み心地はダイレクトで剛性が高い一方で、意外なほど乗り心地は良い印象を受けたよ。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 ええ。剛性は高いですが、嫌な反発感が少なく、よく脚が回りました。上りでも軽快で脚を温存することができそうでしたよ。また、エアロバイクだと上り性能を捨てがちですが、両立できていると思います。

米山 ハンドル周りは、エアロ効果を高めたハンドルトステムが一体成型されたオリジナルパーツを採用している。ハイエンド機では主流になりつつあるね。

松尾 ステムの専用スペーサーで上下できるのでエアロを追求しつつポジション調整も必要なだけできて、乗りやすさもカバーしています。フロント周りのコンフォート性能も高くなっている気がしました。

米山 エアロタイプではあるけれど、購入を考えた場合にレースだけを想定させない懐の広さがある万能型。高性能バイクらしさを感じて様々なレベルで走りを楽しめるね。それにしても、松尾くんのウェアによく似合う色のバイクだったね。

松尾 僕のジャージとカラーリングも合っていたので、そのまま欲しいですね(笑)

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクスコット(SCOTT)のロードバイク

50万円~ スコット バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載