谷垣禎一さん、橋本聖子さんも出席自転車で日伊交流を振興 イタリア大使館でNIPPO・ヴィーニファンティーニが記者会見

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 東京・港区の駐日イタリア大使館で10月19日、自転車プロチーム、NIPPO・ヴィーニファンティーニの記者会見が行われた。イタリア籍だが日本人選手やスタッフが多く在籍する、日伊混成とも言えるチーム。チームリーダーのダミアーノ・クネゴ(イタリア)ら選手や、スポンサー関係者などが紹介され、来場した招待客と自転車を通じた交流が行われた。

会見に出席したチーム関係者ら Photo: Ikki YONEYAMA会見に出席したチーム関係者ら Photo: Ikki YONEYAMA

ジョルジ大使「日伊関係を自転車で進めたい」

 ドメニコ・ジョルジ駐日イタリア大使は、イタリアで始まったヴィンテージ自転車によるロングライド『エロイカ』が日本でも開催されたことなどを紹介。「日本とイタリアの関係を、自転車でもっと進めたい」と話した。

※記事掲載当初、ジョルジ大使が「毎日自転車で2時間走っている」旨のコメントを記載していましたが、走っているのは通訳担当の大使館員でした。

 会見には、自転車好きで知られる谷垣禎一衆院議員や、日本自転車競技連盟会長を務める橋本聖子参院議員も出席。谷垣さんはかつて財務大臣時代、G7(主要国首脳会議)でイタリアの財務大臣からイタリア製品をもっと買えと求められた際に、「私はイタリアの自転車に乗っている」と返答したエピソードを披露。自転車の話題に関心を示したイタリアの財務大臣に、あなたも乗るのかと尋ねたところ、「今年の夏はドナウ川沿いを600km走ってきた」と言われ驚いたという。

ドメニコ・ジョルジ駐日イタリア大使 Photo: Ikki YONEYAMAドメニコ・ジョルジ駐日イタリア大使 Photo: Ikki YONEYAMA
谷垣禎一衆議院議員 Photo: Ikki YONEYAMA谷垣禎一衆議院議員 Photo: Ikki YONEYAMA
橋本聖子参議院議員 Photo: Ikki YONEYAMA橋本聖子参議院議員 Photo: Ikki YONEYAMA

 チームは今シーズン、UCI(国際自転車競技連合)の第2カテゴリーであるプロコンチネンタルチームとして、新たなスタートを切った。2004年にジロ・デ・イタリア(イタリア一周レース)で総合優勝したイタリアのスター選手、ダミアーノ・クネゴが移籍加入して話題を呼んだ。会見でクネゴは「日本にはファンが多くていつも楽しみにしています。日本とイタリアのチームにリーダーとしていられることはとても光栄。今後はもっと日本人の若手選手を育成したい」と語った。

イタリアを代表するスター選手にして、チームリーダーのダミアーノ・クネゴ Photo: Ikki YONEYAMAイタリアを代表するスター選手にして、チームリーダーのダミアーノ・クネゴ Photo: Ikki YONEYAMA
駐日イタリア大使館内で会見が行われた Photo: Ikki YONEYAMA駐日イタリア大使館内で会見が行われた Photo: Ikki YONEYAMA

ダミアーノ・クネゴ「来年は1勝を挙げたい」

 チームリーダーのクネゴは、前日のジャパンカップでは序盤に落車してリタイア。レース前日の雨の影響が残っており、タイヤが滑ってしまったという。「今もまだ首が痛いんだ」と話すが、落車したこと自体については「あって欲しくない出来事だが、自分たちの仕事として、そういうことはある」と、特段引きずっていない様子だ。

前日の落車の傷がまだ痛々しいクネゴだが、表情は穏やか Photo: Ikki YONEYAMA前日の落車の傷がまだ痛々しいクネゴだが、表情は穏やか Photo: Ikki YONEYAMA

 長年所属したトップチーム「ランプレ」から、今年、UCIのカテゴリーが一つ下のプロコンチネンタルチームに移籍。チーム体制の違いについて聞くと、「ランプレのようなワールドチームはスタッフも多いが、NIPPOは小さいチームで選手も少ないし、スタッフも限られている」と話す。チームにとっては、選手の育成だけでなく、スタッフの育成も目的のひとつに挙げられているという。

 チームの1年を振り返って、「個人的にはアンラッキーな年だったが、チームとしてはいくつかの大会に優勝するなど、1年目としては良かったと思う。チームの将来に向けて色々と協力もしているので、結果が出て良かった」と語った。チームの日本人選手については、「ひとつアドバイスをすると、ちゃんとその通りやってくれる。みな若く、これから成長する余地がたくさんある」と好印象だ。

 自身は今年、大きな目標に掲げていたジロ・デ・イタリアで落車骨折するなど、不運に泣かされたシーズンとなった。来季もNIPPO・ヴィーニファンティーニで走る。「来年は、まずは1勝を挙げたい。今年も何回か優勝するチャンスはあったが、果たせなかったので、ぜひ来年は1回は優勝したい」と抱負を語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2015 ジャパンカップ チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載