バイクインプレッション2015「GIANT TCR ADVANCED PRO 1」 レースにもロングライドにも良いベストバランスな新型

  • 一覧

 ジャイアントは、“コンパクト・ロード”という新しいロードバイクの常識を誕生させた世界最大の自転車メーカーだ。2016モデルでフルモデルチェンジを果たしたTCRカーボンシリーズは、新しい技術と1年以上に及ぶ開発とテストを経て誕生したという。TCR ADVANCED SL、TCR ADVANCED PRO、TCR ADVANCEDの3つのグレードで構成され、充実したオリジナルパーツとともに先鋭のアッセンブルでラインナップしている。試乗したのはTCR ADVANCED PROのアルテグラ仕様の完成車だ。

GIANT TCR ADVANCED PRO 1(ジャイアント TCR アドバンスド プロ 1) Photo: Masami SATOUGIANT TCR ADVANCED PRO 1(ジャイアント TCR アドバンスド プロ 1) Photo: Masami SATOU

GIANT TCR ADVANCED PRO 1(ジャイアント TCR アドバンスド プロ 1)
価格:350,000円(完成車、税抜)
220,000円(フレーム、税抜)
サイズ:425(XS)、445(S)、470(M)、500(ML)mm
カラー:カーボン・シアン

問い合わせ先:ジャイアント  http://www.giant.co.jp/giant16/

スペック

フレーム:Advanced-Grade Composite
フォーク:Pro-Spec、Advanced-Grade Composite
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 52×36T、11-28T(11s)
ホイール:GIANT・SLR1
重量:6.85kg(Mサイズ完成車)

伝統的なハンドリング特性はそのままに、全体的な乗り心地を向上した新型TCR。OverDrive2フルカーボンフォークは、さらなる剛性と軽さを実現 Photo: Masami SATOU伝統的なハンドリング特性はそのままに、全体的な乗り心地を向上した新型TCR。OverDrive2フルカーボンフォークは、さらなる剛性と軽さを実現 Photo: Masami SATOU
非常にシンプルかつ合理的な新型内装ケーブルルーティングを採用 Photo: Masami SATOU非常にシンプルかつ合理的な新型内装ケーブルルーティングを採用 Photo: Masami SATOU
快適性に寄与する新開発の「VARIANT」シートポストと細身のモノステー Photo: Masami SATOU快適性に寄与する新開発の「VARIANT」シートポストと細身のモノステー Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 ジャイアントがドイツのプロチームT-mobileに供給していた時代を彷彿とさせる、このスリムな外観はとても好きです。それが走りにどう影響するか乗る前から楽しみでした。

米山 フルモデルチェンジをしたTCRカーボンシリーズは3つのグレードが用意されている。今回試乗したのは、上位モデルとは素材を変えて、テクノロジーは継承している真ん中のモデルだ。最上位モデルではシートポストがフレームから伸び、サドルを被せるタイプのベクターポストになる。今回乗ったモデルは調整幅があり、ポストを抜くこともできるので、一般に使いやすいのはこちらの方だろう。シートポストは乗り心地と空力性能を両立させる、新型の卵型断面の「VARIANT」になっている。

松尾 漕ぎ出しは、前作が踏み始めた瞬間のトラクションが高かったのに比べ、今回の新しいTCRはトラクションに加えて“伸び”が良くなっていました。発進加速は普通でしたが、身体への負担は減っていると思います。細身のフレームでバイクの振りも軽く、前作より軽快でした。

米山 うん、フレーム上部のスリムさが印象的。走った印象は、しなやかな糸をピンと張ったような乗り味と、反応性は良いが硬すぎないフィーリングが良かった。ステアリングが安定していてラインを保ちやすく疲れないよね。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 ガッチリ感がなく、少ない力でも進む感じでしたね。そして、バランスの良さは群を抜いていました。ハンドリングは癖がなく、とにかくニュートラル。尖ったハンドリングが好きなライダーは不向きかもしれません。ブレーキングに関しては、付属のシューがコントロール性に優れているので、下りのコーナーでも気持ち良く走れると思います。

米山 乗り心地も良くて、どう乗ってもいいスタンダードなバイク。 扱いやすいから、レーサーとしても一級品だけど、サイクリングやロングライドのお供にも良さそう。そして何と言っても、この性能でこの価格の安さはインパクトがある。

松尾 チューブレス対応のカーボンホイールがついてこの価格なのは驚異的ですね。同価格帯の完成車と比べても頭一つ抜き出たコストパフォーマンスだと思います。ジャイアント製品でまとめたパッケージはバランスが取れ、品質が高いです。カスタムする必要がないことが、唯一のマイナス点だと言っていいと思います。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク30~50万円のロードバイクジャイアント(GIANT)のロードバイク

20~30万円 30~50万円 ジャイアント バイクインプレッション フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載