陸上競技に次ぐ高水準自転車競技は2014年に禁止薬物221件見つかる WADAの報告書で明らかに

  • 一覧

 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)がまとめた2014年の報告書で、非五輪競技を含めた約28万件のドーピング検査により、3000件以上で禁止薬物が見つかったことが10月7日、明らかになった。全体では前年と比べて約10%下がり、ドーピング違反に当たるケースが全てではないとしている。

 五輪競技ではロシアやケニアで大量ドーピング疑惑が指摘されている陸上が261件と多く、自転車は221件、重量挙げが169件。ゴルフは8件、馬術は11件ながら、検査数に対する割合はゴルフが1.6%、馬術は1.8%と高かった。

 禁止物質の種類では筋肉増強効果のある薬物が48%と約半分を占め、興奮剤が15%で続いた。(共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ドーピング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載