伊豆市で10月30日開幕「ジャパンパラサイクリングカップ」出場選手らが静岡県知事を表敬訪問、健闘誓う

  • 一覧
(左から)藤井美穂選手、藤田征樹選手、川勝平太・静岡県知事、日本パラサイクリング連盟の権丈泰巳理事長 =10月5日、静岡県庁(左から)藤井美穂選手、藤田征樹選手、川勝平太・静岡県知事、日本パラサイクリング連盟の権丈泰巳理事長 =10月5日、静岡県庁

 静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターと伊豆ベロドロームを会場に国内で初めて開催されるパラサイクリングの国際大会「2015ジャパンパラサイクリングカップ」(日本パラサイクリング連盟主催)に出場する選手らが10月5日、静岡県庁に川勝平太知事を表敬訪問した。

 訪れたのは、2015パラサイクリング世界選手権ロード大会金メダリストの藤田征樹選手(30)=北海道出身=と、日本パラサイクリング連盟強化選手の藤井美穂選手(20)=茨城県出身、同連盟の権丈泰巳理事長。

 大会は10月30日~11月1日。ドイツ、中国など7カ国から約40人が出場し、障害の種類と使用する自転車により4クラスに分かれて順位を競う。

 川勝知事を前に藤井選手は「毎週、べロドロームで練習しており、この経験を生かして頑張ります」と健闘を誓っていた。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

パラサイクリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載