恒例の前夜祭も大盛況清水一輝が井手川直樹を抑え2年連続優勝 「ダウンヒルシリーズ」第5戦・島根瑞穂

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)のシリーズ戦「ダウンヒルシリーズ」の第5戦が9月19、20日、島根県邑南町のMIZUHO MTB PARKで開催され、PROクラスでは清水一輝(Patrol mountain FJC)が優勝し、昨年に続き瑞穂大会2連覇を飾った。(平野志磨子)

 昨年に続き、瑞穂で連勝を決めた清水一輝(PATROL mountain FJC) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA 昨年に続き、瑞穂で連勝を決めた清水一輝(PATROL mountain FJC) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

ギャラリーの目線を意識したコース

山口県のシーン活性化を目指す志賀孝治(VAN-QUISH/FOG/morewood) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA山口県のシーン活性化を目指す志賀孝治(VAN-QUISH/FOG/morewood) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

 2年連続の快晴で迎えたMIZUHO MTB PARK大会は、初秋の青空と芝生の緑がまぶしいほどに輝くシルバーウィーク前半に行われた。会場のMIZUHO MTB PARKは、MTBコースとしては夏期の週末だけの営業でありながら、オープン4年にして年々ファンを増やし、今回は九州・中国・四国地方を中心に100人を超えるライダーが集まった。

 レースコースは全長約1.9㎞、標高差328mで、常設コースの中盤からスタート。距離・標高差は昨年とほとんど変わらないものの、メーン会場から見える範囲に、クルマ越えジャンプやドロップオフなど新セクションが用意された。コース担当者が大事にするのは「ギャラリーの目線を意識した、ライダーも観客もテンションの上がるセクション作り」。造り手の思いが込められた、乗っても観ても楽しいコースは、多くのライダーの支持を集める理由のひとつだ。

 高速シングルを走る本村貴之(delsol/cleat/トクサガミネ) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA 高速シングルを走る本村貴之(delsol/cleat/トクサガミネ) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
最終シングル手前、プロライダーの講義でも話題になったセクションを飛ぶ松尾拓弥(チキンヒーロー/Cleat/FOGBIKES) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA最終シングル手前、プロライダーの講義でも話題になったセクションを飛ぶ松尾拓弥(チキンヒーロー/Cleat/FOGBIKES) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
地元意識を全面に出して戦った井手川直樹(AKI FACTORY/STRIDER) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA地元意識を全面に出して戦った井手川直樹(AKI FACTORY/STRIDER) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
木製のラダー、バームが多いのも瑞穂の特徴。ライダーは田中将之(FOGBIKES/チキンヒーロー) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA木製のラダー、バームが多いのも瑞穂の特徴。ライダーは田中将之(FOGBIKES/チキンヒーロー) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

 54人が参加した初日のタイムドセッションの最速タイムは清水一輝(Patrol mountain FJC)の3分17秒063。0.837秒差で井本はじめ(SRAM/LITEC)、2.775秒差で井手川直樹(AKI FACTORY/STRIDER)が続いた。また、昨年に引き続き、フィニッシュゲート直前のジャンプでは「フィニッシュジャンプコンテスト」が行われ、瑞穂ハイランドのスタッフがジャンプのスタイルと飛距離を採点し、男子の部では清水、女子の部では末政実緒(SRAM/LITEC)が優勝。特別賞として、ローカルライダーの田丸裕選手(SRAM/LITEC rising)が表彰された。

前夜祭ではプロライダーによるコース攻略講座も

多くの参加者で盛り上がったMIZUHO NIGHTはこの大会の名物となっている Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA多くの参加者で盛り上がったMIZUHO NIGHTはこの大会の名物となっている Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

 そして、瑞穂といえば前夜祭「MIZUHO NIGHT」。昨年も大好評だった前夜祭には80人以上が参加し、他県のライダーやプロライダーとの交流を楽しんだ。

 なかでも、今年から始めたプロライダーによる参加者交流企画の特別版として、「プロライダー全員に聞く 1本のゴープロ映像から読み解くコース攻略講座 in MIZUHO NIGHT」を開講。講師陣は、井手川直樹、安達靖(SRAM/LITEC)、清水一輝、井本はじめ、阿藤寛(Topknot racing)、末政実緒という国内トップライダーたち。小学生から、混戦のエリートクラスで勝利を狙うライダーまで、内容の濃い講義に熱心に耳を傾けた。

 コース・ライディング解説は1時間以上に及び、ライダーによってまったく異なる走り方やラインの選び方が披露され、参加者にとって貴重で贅沢な時間となった。

トレックから参戦の竹本将史はDJとしても会場を盛り上げる Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAトレックから参戦の竹本将史はDJとしても会場を盛り上げる Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
PROクラスライダーによるコース攻略講座は白熱し、参加者は熱心に聞き入った Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAPROクラスライダーによるコース攻略講座は白熱し、参加者は熱心に聞き入った Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

気合い十分の井手川、決勝で6秒短縮

 大会2日目、本戦当日の路面状況はスーパードライとなった。

 スポーツ男子クラスでは、DHバイクで出場したXCジュニアの世界選手権代表である山田将輝(Limited846/LITEC)が優勝した。山田はDHのトップライダーたちと2日間みっちり試走に取んだという。Dhライダーの本番での本気の走りを間近で観る機会は、同じMTBライダーといってもそうそうない。XCライダーの「下り強化」としてもDOWNHILL SERIESを積極的に活用してほしい。

今年も赤いホットシートが用意され暫定首位から3位までの選手が後続を待つ Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA今年も赤いホットシートが用意され暫定首位から3位までの選手が後続を待つ Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
ダウンヒルシリーズのDJとしても定着してきた竹本将史 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAダウンヒルシリーズのDJとしても定着してきた竹本将史 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
アンドラでの世界選手権XCOジュニア日本代表の山田将輝(limited846/LITEC)はダウンヒルにもトライし、下りのスキルを磨いている Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAアンドラでの世界選手権XCOジュニア日本代表の山田将輝(limited846/LITEC)はダウンヒルにもトライし、下りのスキルを磨いている Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
ホームコースでエリート優勝を狙った田丸裕(SRAM LITEC rising)、惜しくも2位となった Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAホームコースでエリート優勝を狙った田丸裕(SRAM LITEC rising)、惜しくも2位となった Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
混戦のエリートクラスを連勝で制した下垣大樹(Lapierre/重力技研) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA混戦のエリートクラスを連勝で制した下垣大樹(Lapierre/重力技研) Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

 激戦のエリートクラスは、常に優勝争いを繰り広げる下垣大樹(Lapierre/重力技研)、藤村飛丸(MUDDY CHOCOLATE/BlankyDog)に加え、広島県出身のローカルライダー田丸裕が参戦。「ここで勝たねばどこで勝つ!」と人一倍大きな声援が飛ぶ田丸の結果は、2位。第4戦・福井和泉でエリートクラス初優勝を飾った下垣が2連勝する結果となった。

「攻めきれなかった」と語った井本はじめ(SRAM/LITEC)は3位にとどまった Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA「攻めきれなかった」と語った井本はじめ(SRAM/LITEC)は3位にとどまった Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

 PROクラスでは、隣県広島出身という事から、たくさんの応援も駆けつけた井手川が気合い十分。「オレが勝つしかないね!」との宣言通り、タイムドセッションより約6秒も縮める3分12秒という好タイムでフィニッシュ。タイムドセッション2位の井本は「ビビりが入っちゃいました」と3分14秒に終わり、井手川のタイムに及ばなかった。

コース攻略講座では司会進行をつとめた井手川直樹、たくさんの解釈とライン取りがある、と説明したセクションを飛ぶ Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAコース攻略講座では司会進行をつとめた井手川直樹、たくさんの解釈とライン取りがある、と説明したセクションを飛ぶ Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

最終走者の清水が圧倒的タイムで瑞穂2連覇

 残るは最終走者の清水。プレッシャーがかかるが、中間計測地点で井手川のタイムを0.5秒上回り、そこからは清水らしい勢いのある圧倒的な走りで3分9秒台を叩き出してゴール。清水の2年連続優勝が決まった。

MCアリーの勝者インタビューに応える清水 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAMCアリーの勝者インタビューに応える清水 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

 優勝した清水は、「スタート地点まで歓声が聞こえるくらいで興奮しました!」と話す。コースサイドにギャラリーが多いのも、瑞穂大会の雰囲気を作り上げている大きな要素だ。そして、勝因を「前夜祭でのムービー解説のおかげでコースをしっかり覚えられたこと」と話した。前夜祭でのコース解説は、参加者だけでなくプロライダー自身にとっても良い時間になったようだ。

 今年はフィニッシュ地点にモニターを並べ、スタート地点・中間地点をUstreamで配信するという新たな試みも行われた。なかなか観ることのない仲間や家族のスタート映像に観客、ライダーともに大反響だった。年々進化するMIZUHO MTB PARK。来年はどんな新しい試みを企んでくれるのか、今から楽しみでならない。

4カメ体勢でレースの状況をライブ配信する試みも行われた Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA4カメ体勢でレースの状況をライブ配信する試みも行われた Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
終始安定した走りの末政実緒(SRAM/LITEC)はジャンプも華麗にこなす Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA終始安定した走りの末政実緒(SRAM/LITEC)はジャンプも華麗にこなす Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

 XC BIKEクラスでは秋山忍(チームWAVE)、ファーストタイマー男子クラスでは上野仁、エキスパート男子クラスでは地元広島の松木貴司(KLUB KATZ)がそれぞれ優勝。女子エリートクラスでは末政実緒が2位に30秒近い差を付けて優勝を決めた。

 次戦はシリーズ第6戦、9月27、28日に富士見パノラマにて行われる。

XC BIKEクラス表彰式 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAXC BIKEクラス表彰式 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
ファーストタイマー男子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAファーストタイマー男子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
スポーツ男子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAスポーツ男子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
エキスパートクラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAエキスパートクラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
エリート女子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAエリート女子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
エリート男子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAエリート男子クラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
PROクラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWAPROクラス表彰 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA
集合写真 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA集合写真 Photo: DOWNHILL SERIES/Hiroyuki NAKAGAWA

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース ダウンヒルシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載