専用のコールセンターを開設尾道市で「サイクルセイバー」開始 しまなみ海道での自転車トラブルに出張修理で対応

  • 一覧

 自転車の突発的なトラブルに対応することで、安心してサイクリングを楽しんでもらおうと、広島県尾道市は10月3日、自転車整備士が現場に駆けつけて修理などを行う「サイクルセイバー」の運用を始めた。

 同市と愛媛県今治市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道を訪れる外国人サイクリストの増加を受けたもので、英語にも対応したコールセンターを開設。向島、因島、生口島の島嶼(とうしょ)部を対象に10~12月末の間と3月の土、日、祝日に実施する。

 タイヤやチェーン、ブレーキ、変速機などに走行不能になるトラブルが発生した際、コールセンター専用ダイヤル(080・2887・5577)に連絡して名前や国籍、場所、故障内容などを申告すると専門スタッフが現場で出張修理する。出張料金は無料だが、ブレーキインナーワイヤの交換(1080円)など修理費は有料。

 運営はサイクリスト向け複合施設「Onomichi U2」が担当。来年3月末まで実施して今後のサービス内容を精査する。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 尾道市

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載