規模拡大と利便性向上が課題シェアサイクル、国内70都市超える 渋滞緩和、放置自転車対策に期待

  • 一覧
JR元町駅前のシェアサイクルポート。観光や買い物、通勤の足として利用されている=神戸市中央区(横山由紀子撮影)JR元町駅前のシェアサイクルポート。観光や買い物、通勤の足として利用されている=神戸市中央区(横山由紀子撮影)

 自転車を共同利用する「シェアサイクル」が、各地で広がっている。国内では、70を超える市や町で導入が進み、海外ではパリやロンドン台北などで気軽な市民の“足”として浸透している。市街地の渋滞緩和や、地域活性化、環境問題、放置自転車対策と、さまざまな効果が期待できる公共交通手段として注目されている。(産経新聞大阪編集局文化部 横山由紀子)

◇      ◇

1日500円 坂道も電動自転車でスイスイ

 8月末、土曜日の午前11時半。一眼レフカメラを肩にかけ、赤い電動自転車に乗った男性(40)が、楽しそうな様子で神戸市中央区のJR元町駅南側にあるシェアサイクルのポート(駐輪場)に戻ってきた。男性は、午前9時過ぎにポートで自転車を借り、趣味の写真撮影のため、ハーバーランドやメリケンパーク周辺を回ってきたという。

 以前は、徒歩で撮影していたが、今年5月から週末はシェアサイクルを使うように。「行動範囲がぐんと広がり、たくさんの写真が撮れるようになった。駅近くでさっと借りて返せる手軽さがあるし、坂道の多い神戸で電動なのが助かります」と満足そうな様子。

 今年3月末に、同市中心部で始まったシェアサイクル「こうべリンクル(通称・コベリン)」。放置自転車を減らすと同時に、観光客に中心部以外の観光地にも足を運んでもらおうと、神戸市が企画、サイカパーキング(東京都中央区)とドコモ・バイクシェア(同墨田区)が共同運営している。

 JR三ノ宮、元町駅前やハーバーランドなど10カ所にポートを設置。計70台の電動自転車にはGPS(衛星利用測位システム)や、バッテリー残量を離れた場所でも把握できる機能が搭載されており、どこのポートで返却してもメンテナンスできる仕組みになっている。インターネットで会員登録し、自転車に付いている端末に開錠パスコードを入力すれば利用できる。1日利用は500円、1回利用の場合は最初の1時間が100円で、30分ごとに100円(1日最大1千円)。観光や買い物、通勤に利用され人気だという。

複数のポートで貸し出し・返却が可能

金沢市のシェアサイクル「まちのり」 Photo: Ikki YONEYAMA金沢市のシェアサイクル「まちのり」 Photo: Ikki YONEYAMA

 シェアサイクルはコミュニティサイクルとも呼ばれ、エリア内の複数のポートで自転車を借りたり、返却したりできるシステム。1つの決まった駐輪場で貸し出し・返却を行うレンタサイクルとは異なる。

 日本シェアサイクル協会(東京都中央区)によると、シェアサイクルは平成20年ごろ各地で実験的に利用が始まり、現在は札幌や仙台、横浜、金沢、広島、鹿児島市など、全国で70を超える都市で実施されている。国も推進しており、国土交通省は今年2月に策定した交通政策基本計画で、2020年度までに100の自治体での導入を目標としている。

海外に比べ小規模 利便性に課題

市民に親しまれている台湾・台北市のシェアサイクル(インタープレス提供)市民に親しまれている台湾・台北市のシェアサイクル(インタープレス提供)

 ただ、課題もある。国交省が昨年11月に行ったコミュニティサイクルに関するアンケートによると、1都市当たりの自転車の保有台数は平均170台、ポート数は8カ所で、海外に比べると小規模だ。日本シェアサイクル協会によると、2007年にスタートしたパリでは自転車が2万台、ポートは1800カ所ある。また2010年に導入したロンドンでは1万台、700カ所。ニューヨークや台北、スペイン・バルセロナなどでも数千台の自転車を保有し、市民の足になっているという。

 NPO法人「自転車活用推進研究会」(東京都品川区)の小林成基理事長は、「国内で採用する自治体が増えてきたとはいえ、自転車やポートの数が海外に比べて格段に少なく、市民の認知度もまだまだ」と話す。パリのように、地下鉄の駅を出れば300m間隔でポートが整備されるなど、利便性がアップすれば、「市街地の渋滞緩和や環境保全、地域振興などの有効な手立てとなるだろう」と期待している。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載