熱狂に包まれる都市型オフロードイベントサイクルモードの夜は「弱虫ペダル スターライトクロス」 千葉・幕張で11月7、8日開催

  • 一覧

 シクロクロスを中心とする都市型オフロードイベント「スターライトクロス」が11月7、8日、千葉市の幕張海浜公園で開催される。トップレースが日没後に行われるなどエンターテインメント性の高さが特徴で、今年はマンガ・アニメ・映画などの人気作品「弱虫ペダル」が冠スポンサーとなり、大会名称を「弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE」として行われる。

暗闇のなか一斉にスタートするシクロクロスC1のトップレーサーたち。スターライトクロスの目玉レースだ Photo: Ikki YONEYAMA暗闇のなか一斉にスタートするシクロクロスC1のトップレーサーたち。スターライトクロスの目玉レースだ Photo: Ikki YONEYAMA

国内トップクラスのレーサーが集結

 スターライトクロスは、毎年2月に東京・お台場海浜公園で開かれる「シクロクロス東京」と同じく、サイクルウェアの「チャンピオンシステムジャパン」が企画・運営。幕張メッセで行われる自転車展示試乗会「サイクルモード」の併設イベントとして、昨年に続き2回目の開催となる。大会会場では自転車関連企業が多数のブースを出展し、各社が用意するオフロード向けバイクを会場内で試乗することができる。

 2日間にわたる大会が最も盛り上がるのが、1日目の夕方以降に行われるマウンテンバイク(MTB)の勝ち抜きレース「XCE(クロスカントリーエリミネーター)」と、シクロクロスのトップカテゴリーとなるC1のレースだ。DJが流す音楽と選手たちの熱い走りによって会場は熱狂に包まれる。飲食ブースも充実しており、国内トップクラスのレーサーたちによる熱い戦いを、ビール片手に満喫することができる。

クロスカントリーエリミネーターは、マウンテンバイクのトップレーサーによるレース。1周ごとに最後尾の選手が除外されていく Photo: Ikki YONEYAMAクロスカントリーエリミネーターは、マウンテンバイクのトップレーサーによるレース。1周ごとに最後尾の選手が除外されていく Photo: Ikki YONEYAMA
シクロクロスならではの様々なセクションが設けられ、迫力のバトルが展開される。観客も鈴なり Photo: Ikki YONEYAMAシクロクロスならではの様々なセクションが設けられ、迫力のバトルが展開される。観客も鈴なり Photo: Ikki YONEYAMA
スターライトクロスならではの「星型」のコース <写真提供:スターライトクロス実行委員会>スターライトクロスならではの「星型」のコース <写真提供:スターライトクロス実行委員会>

キッズやジュニアのレースも

公園内に張り巡らされたコース。1周のあいだに何度も選手を見ることが可能 <画像提供:スターライトクロス実行委員会>公園内に張り巡らされたコース。1周のあいだに何度も選手を見ることが可能 <画像提供:スターライトクロス実行委員会>

 レースはAJOCC(日本シクロクロス主催者協会)公認のシクロクロスレースを中心に、90分エンデューロ(耐久レース)なども行われる。大会2日目の午前中はキッズからジュニアまでのレースをメーンとし、小学生未満のキックバイクのレースも併設する(大会名:キッズバイクフェス in 幕張)。大会1日目には「弱虫ペダル」作者の渡辺航さんと一緒にコースを走る「弱虫ペダルシクロクロスライド」も行われる。

 観戦は無料。レースの参加申し込みはスポーツエントリーより、10月25日まで受け付ける(定員になり次第締め切り)。シクロクロスとマウンテンバイクエリミネーターにはサイクルモード入場チケットが含まれる。キッズバイクフェスは別サイトよりウェブエントリーとなる。

 またイベントでは、大会ボランティアを募集している。募集の詳細は公式ウェブサイトに掲載されている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2015 シクロクロス チャンピオンシステム 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載