女子エリートはヴェロシオ・スラムが4連覇チームTT男子エリートでBMCレーシングチームが2連覇 ロード世界選手権が開幕

  • 一覧

 UCIロード世界選手権が9月20日、アメリカのバージニア州リッチモンドで開幕した。初日はチームタイムトライアル(TTT)が38.6kmで争われ、男子エリートはBMCレーシングチームが42分7秒で制し2連覇を飾った。女子エリートはヴェロシオ・スラムが47分35秒で優勝した。

ロード世界選手権チームタイムトライアルで2連覇を飾ったBMCレーシングチーム Photo: Yuzuru SUNADAロード世界選手権チームタイムトライアルで2連覇を飾ったBMCレーシングチーム Photo: Yuzuru SUNADA

連覇を飾ったBMCレーシングチーム Photo: Yuzuru SUNADA連覇を飾ったBMCレーシングチーム Photo: Yuzuru SUNADA

 世界選手権のTTTは国別対抗の他競技と異なり、UCI登録されたチームで参加し、1チーム6人で争う。男子エリートはUCIワールドチームの17チームを含む27チームがエントリーした。モビスター チームやエティックス・クイックステップ、オリカ・グリーンエッジなどTTTの強豪チームが順当に好タイムを記録。

 そんななか、テイラー・フィニー(アメリカ)やローハン・デニス(オーストラリア)らタイムトライアルスペシャリストが名を連ねたBMCは、平均時速54.969kmで走り切りベストタイムを叩き出した。

ロード世界選手権 男子エリート TTT
1 BMCレーシングチーム 42分7秒 54.969km/h
2 エティックス・クイックステップ +11秒
3 モビスター チーム +30秒

2年ぶりの優勝には届かなかった、2位のエティックス・クイックステップ Photo: Yuzuru SUNADA2年ぶりの優勝には届かなかった、2位のエティックス・クイックステップ Photo: Yuzuru SUNADA
3位のモビスター チーム Photo: Yuzuru SUNADA3位のモビスター チーム Photo: Yuzuru SUNADA
ロード世界選手権の女子エリートTTTを制したヴォロシオ・スラム Photo: Yuzuru SUNADAロード世界選手権の女子エリートTTTを制したヴォロシオ・スラム Photo: Yuzuru SUNADA

 女子エリートはヴェロシオ・スラムが平均時速48.660kmをマークし、2位のボエルス・ドルマンス サイクリングチームに6秒差で競り勝った。ヴェロシオ・スラムは前身のスペシャライズド・ルルレモン時代と合わせ、4連覇を達成した。

ロード世界選手権 女子エリート TTT
1 ヴェロシオ・スラム 47分35秒 48.660km/h
2 ボエルス・ドルマンス サイクリングチーム +6秒
3 ラボバンク・リヴ ウーマンサイクリングチーム +56秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ロード世界選手権2015

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載