レンタル用にミニベロ15台「しまなみ海道を楽しんで」 東京・葛飾のサイクルショップが広島・尾道へ自転車を寄贈

  • 一覧
小径自転車「FITTO 406 city」を寄贈し、川崎育造・尾道観光協会会長(右)と握手を交わす「サイクルハウスしぶや」の渋谷正昭代表 (尾道観光協会提供)小径自転車「FITTO 406 city」を寄贈し、川崎育造・尾道観光協会会長(右)と握手を交わす「サイクルハウスしぶや」の渋谷正昭代表 (尾道観光協会提供)

 しまなみ海道のツーリングを楽しんでもらおうと自転車ショップ「サイクルハウスしぶや」(東京都葛飾区、渋谷正昭代表)は9月10日、店舗で取り扱っている小径自転車「FITTO 406 city」15台を、一般社団法人尾道観光協会に寄贈した。

 自転車は、全長131cm、高さ80cmで台湾製。タイヤが小さな「ミニベロ」(小径車)と呼ばれるタイプで、身長150~165cmの人が乗りやすいSサイズとなっている。ハンドルの切り返しが楽にでき、小回りが効きやすいのが特徴という。

 尾道観光協会によると、かねてから渋谷代表はしまなみ海道でサイクリングツアーを企画したり、店舗でしまなみ海道コーナーを設けて情報発信するなどしてきた。同協会もイベントで協力するなど交流があり、今回、ツアー時にレンタルできる自転車として提供を受けたという。

 渋谷代表は「軽快に走ってほしい」と話し、同協会の担当者は「有効に活用していきたい」と喜んだ。

産経新聞・広島版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載