仲間と交流・対戦しながら室内トレーニングオンラインサイクリングの「ズイフト」が10月から日本で本格展開 世界選手権のコースも再現

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ローラー台を使っての“仮想サイクリング・トレーニング”を提供する米国発の「ZWIFT」(ズイフト)が、10月から日本でもサービスを本格展開する。それに先立ち、メディア向けの発表会が9月17日、東京・千駄ヶ谷のラファサイクルクラブ東京で開かれた。筆者もさっそく試したところ、リアルでスムーズなバーチャルライド体験や、画面上で仲間と一緒に走ったり競ったりできる臨場感に驚いた。つらい室内トレーニングのあり方を変えるかも知れない、インパクトのあるサービスだ。

リアルタイムで走行データが反映される画面 Photo:Shusaku MATUSOリアルタイムで走行データが反映される画面 Photo:Shusaku MATUSO

パワーや心拍数をリアルタイムに反映

 ズイフトは、ローラー台を使用する室内トレーニングにおけるパワー、心拍数、速度、ケイデンスなどのデータをオンラインでリアルタイムに反映し、仮想のレースやトレーニングが行えるソーシャルゲームのようなサービスだ。ライダーはパソコン上でズイフトのソフトを立ち上げ、ローラー台や自転車に設置したセンサー類をペアリングさせるところから始める。ゲームがスタートするとモニター上に走行画面が表示され、ローラー台の自転車をこぐと、出力やスピード、心拍数などがリアルタイムで表示される。同時に、画面上では自身の仮想ライダーがデータに応じて走り始める。

ズイフトに接続されたバイクが並び、デモライドが行われた Photo:Shusaku MATUSOズイフトに接続されたバイクが並び、デモライドが行われた Photo:Shusaku MATUSO

 使用するローラー台が、パソコンと接続して速度や出力を管理できるスマートトレーナーであれば、画面上のコースの斜度や環境に応じて負荷が変化する。上りや石畳区間では重く、下りは軽く、といった具合だ。さらに、前方を走るライダーの後ろにピッタリつくと、スリップストリーム効果まで再現されて負荷が軽減。まるで実際のコースを走っているような感覚を得られる。

世界中のライダーと交流

 またズイフトの最大の特徴は、ソーシャルサービスの機能を持ち、リアルタイムで世界中のライダーとコミュニケーションをとりながらトレーニングできることだ。画面上では、自身の仮想ライダーに加えて、同時にスイフトを利用している世界中のライダーの姿も現れる。スマートフォンを利用してのチャット機能や、走行しているライダーへ「いいね」機能がも用意されており、走行中にリアルタイムでチャットをしたり、励まし合ったりすることができる。走行データも公開することができ、コミュニティを作ったり、オンライン上のコースで“待ち合わせ”をしてトレーニングすることも可能だ。

画面上で複数のサイクリストが一緒に走ったり、競走したりすることができる (ZWIFTのスクリーンショットより抜粋)画面上で複数のサイクリストが一緒に走ったり、競走したりすることができる (ZWIFTのスクリーンショットより抜粋)

 現在公開されているコースは2種類で、太平洋に実在している無人島がベースの「ワトピア」と名付けられた周回コースと、9月19日から27日に米バージニア州リッチモンド行われる世界選手権のコースが再現されている。どちらのコースを使用しても、走行データを共有するオンラインサービス「Strava」(ストラバ)に反映することが可能だ。

ズイフトの展開について話すジム・ケリー最高財務責任者 Photo:Shusaku MATUSOズイフトの展開について話すジム・ケリー最高財務責任者 Photo:Shusaku MATUSO

 ズイフトのジム・ケリー最高財務責任者(CFO)は「ローラーでのトレーニングは退屈になりがちだが、ソーシャルサービスとしてエンターテイメントを提供し、楽しいものにしたい。これからさらに拡張、開発を進める」と話し、近日中にオンラインコーチングサービスも開始すると語った。

1人でも飽きず、仲間と走ればより楽しい

 筆者もズイフトを体験。オンライン状態でスマートローラー台のバイクをこぐと、坂道の斜度の再現が驚くほどリアルだ。速度、心拍数、出力などのデータ表示にはタイムラグが感じられず、スムーズな乗車体験を得られた。ソフトウェアやビデオゲームの開発者が製作しているだけあって、操作性や画面表示のクオリティは非常に高い。

 また、コースには山岳ポイントが設定されており、それまでに記録された区間最速タイムを上回ると山岳ジャージを獲得できるという仕掛けも面白い。ゲーム性が高く、1人で乗っていても飽きることはないだろう。もちろん、仲間と走ればより楽しいはずだ。

スマホとの連携も可能で、ライダーの操作やチャット、走行中の他のライダーへ「いいね」などが行える Photo:Shusaku MATUSOスマホとの連携も可能で、ライダーの操作やチャット、走行中の他のライダーへ「いいね」などが行える Photo:Shusaku MATUSO

 ユーザーからの声を集め、これからも開発・改善を進めていくというズイフト。現在は無料で体験サービスを提供しているが、10月中旬からは月額10ドルで有料化する予定という。また、現在は英語のβ版のみだが、今秋には日本語版も公開される。「コースや新しいサービスを増やしていくことは、オンラインサービスだからこそできる」と語るケリーCFOは、「時間も天候も関係なく、仲間とリアルタイムに楽しくトレーニングしてほしい」とアピールした。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ズイフト 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載