スタントマンが自転車事故を再現 奈良・大和高田市で交通安全教室

  • 一覧

 スタントマンが交通事故を再現してみせる交通安全教室が9月12日、大和高田市東中の私立奈良文化高校で開かれた。同校の生徒約450人が参加し、迫力のあるスタントを目の当たりにして、事故の恐ろしさを実感した。

自動車と自転車の衝突事故を再現するスタントマン =奈良県大和高田市の私立奈良文化高校自動車と自転車の衝突事故を再現するスタントマン =奈良県大和高田市の私立奈良文化高校

 県警が、生徒の利用が多い自転車に絡む交通事故を防止しようと開催。県警によると、今年の県内の交通事故発生件数は8月末現在で3549件。このうち自転車が絡む事故は498件と全体の約15%を占める。

 会場のグラウンドでは、スタントマンが自転車に乗り、車の死角から車道に飛び出して車と接触する事故などを再現。乗用車のフロントガラスが砕けるほどの衝撃に、生徒たちからは悲鳴が上がった。

 生徒会長の3年、村上桜花さん(17)は「自転車通学する私たちにとってはヒヤッとするスタントだった。今日の経験を生かし、事故が起きないように努めたい」と話していた。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載