工具はともだち<78>自転車に最適な「ヘキサゴンソケット」 ラチェットと組み合わせる便利アイテム

  • 一覧

 前回は、メンテナンスを快適かつスピーディーにする「ラチェット」の選び方をお伝えしました。次にご紹介するのは、ラチェットでの自転車メンテナンスに欠かせない「ヘキサゴンソケット」や、ラチェットをより便利に使いこなすためのアイテムです。

早回しが得意なボールポイント

 サイクリストのみなさんにまずご紹介すべきアイテムは、なんと言ってもヘキサゴンソケット。L形のヘキサゴンレンチ(アーレンキー)を使用されている方が多いと思いますが、ソケットタイプのヘキサゴンレンチはとても便利です。

自転車メンテナンスに最適な「ヘキサゴンソケット」。ボールポイント付きのロングタイプは斜めからも作業できる自転車メンテナンスに最適な「ヘキサゴンソケット」。ボールポイント付きのロングタイプは斜めからも作業できる

 タイプとしては、スタンダードからショート、ロングと長さのバリエーションがあったり、ネプロスのようにチタンコーティングがされているものがあったりします。

 あまり知られていないかもしれませんが、お勧めなのがボールポイントロングヘキサゴンソケット。先端がボール状になったタイプで、斜めから差し込んでも作業ができます。その機能が最大限に生かされるのはやはり早回し。ですから早回しが特長のラチェットとは特に相性がいいんですね。

ラチェットの弱点を解消

 次にご紹介するのは「クイックスピンナ」。この名前を聞いてピンとくる方はかなりの工具好きですね。一見、UFOのようなこのアイテム、実はラチェットの弱点を補い、より一層便利にしてくれるすごいアイテムなんです。

ラチェットの弱点を解消する「クイックスピンナ」ラチェットの弱点を解消する「クイックスピンナ」

 ラチェットの弱点、それは「締めの最初」と「緩めの最後」。ラチェットは空転をさせながら締め緩めを行いますが、締め付ける時のはじめと緩める時の最後はどうしても、空転させるのと同時にボルトも一緒に回ってしまいます。これではいつまでたってもボルトの締め緩めができません。ラチェットを使ったことのある方なら、そんな経験があるのではないでしょうか。

 このクイックスピンナは、そんな問題を解決してくれるアイテムなんです。使い方は簡単で、ラチェットとソケットなどの間に装着するだけ。締め付けたい時は、最初にクイックスピンナの外周を手で回すだけ。ある程度締め込んで、空転させる時にボルトが一緒に回らないくらいになったら、あとはラチェット機構を使っていけばいいんです。使い方の動画がありますので、ぜひ一度ご覧ください。

一本で使い分けができるエクステンションバー

 続いてご紹介するアイテムは、奥まった箇所の作業には欠かせない「エクステンションバー」です。こちらも長さは色々ありますが、お勧めするのは短い30mmです。なぜなら、普通の長さのソケットと30mmを組み合わせれば、まぁなんと言う事でしょう、ロングソケットに早代わりです。少しでも手持ちアイテムを減らしたい場合は、ソケットと組み合わせられるエクステンションバーが1本あれば便利です。

 なんと言っても、機能面でお勧めするエクステンションバーは、KTC(京都機械工具)の最高級ツール「ネプロス」のウォブルタイプ。一般的には首振りエクステンションバーと呼ばれ、差込角部分が特殊な形状をしており、若干斜めから作業することが可能なのです。

ネプロスの「エクステンションバー」は首振り機能付きながら、まっすぐ固定することもできるネプロスの「エクステンションバー」は首振り機能付きながら、まっすぐ固定することもできる

 ただ、それだけなら、普通の首振りタイプのエクステンションバーで良いのですが、ネプロスのエクステンションバーは一味違います。差込角を奥まで差すと固定され、通常のエクステンションバーと同じようにソケットなどをまっすぐ保持できるのです。

 ですから、少し斜めから作業したい場合と、首を振って欲しくない場合とで使い分けられます。その機能を応用すると、はじめはウォブル機構を使ってから、最後にグッと差し込んで固定すれば安定して力をかけられるのです。

アダプターでラチェット機能を追加

 最後に番外編的にご紹介するのが、ラチェットアダプターと呼ばれるアイテム。早回しができないスピンナハンドルなどを、ハンドルとその他のアイテムの間に装着することで、ラチェットのように使用することができるのです。当然、出っ張ってしまうので、狭い場所では使いづらいですが、その点を差し引けば便利に使えます。

 さらにお勧めするのは、スライドヘッドハンドルとエクステンションバーとの組み合わせ。ラチェット機能が付いたT形ハンドルのように使えて、側面からの作業が多い自転車にはもってこいなんです。

スピンナハンドルなどにラチェット機能を追加できる「ラチェットアダプター」スピンナハンドルなどにラチェット機能を追加できる「ラチェットアダプター」
スピンナハンドルとスライドヘッドハンドルの組み合わせ例スピンナハンドルとスライドヘッドハンドルの組み合わせ例

◇         ◇

 今回はいろいろな工具をご紹介してきました。工具の機能を理解して、作業目的に応じたアイテム選びに役立てて下さいね。

重田和麻(しげた・かずま)

KTC(京都機械工具)入社後、同社の最高級ツール「nepros」(ネプロス)の立ち上げに携わった後、販売から企画、商品開発とさまざまな立場で同商品と歩みを共にしてきた。スポーツ自転車は初心者だが、工具についてはプロフェッショナル。これまでの経験を生かして、色々な角度からサイクリストに役立つ工具の情報を提供する。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

KTC 工具はともだち

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載