title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ 第17ステージ新城幸也は鼻血で途中ストップするも個人TTを59位でゴール 「調子が良いと感じられた」

  • 一覧

 9月9日に行われたブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ、新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は38.7kmの個人タイムトライアル(TT)に臨んだ。

 コースは高低表に表れないアップダウンが繰り返され、街の中ではカーブが連続するなどテクニカルなレイアウト。新城は、普段はタイムトライアルにそれほど力を入れずリラックスして走るが、休息日明けのこの日は「走り出したら調子が良かったので、100%ではないが、しっかり走った」との言葉通り、チーム内で3番目のタイムをマークし、ステージ59位となった。

アクシデントに見舞われながらも59位で個人タイムトライアルを走った新城 Photo: Miwa IIJIMAアクシデントに見舞われながらも59位で個人タイムトライアルを走った新城 Photo: Miwa IIJIMA

 実は新城、スタート前に突然鼻血が出るアクシデントがあり、ほとんどウォーミングアップをできずにスタートしていた。さらに走行中も再び鼻血が止まらなくなり、チームカーを呼んでティッシュを鼻に詰めながら再スタートしたため、かなりのタイムを失っている。その中での59位という順位は、好調の表れと言えるだろう。

 ゴール後の新城は、「スタート前と、レース中も鼻血が止まらなくなって…かなりタイムをロスした。今までのTTの中で一番良い感触だった。調子が良いと感じられたので、明日から残りのステージが楽しみだ」と語った。この日はチームのエース、ロマン・シカール(フランス)も7位でゴールするなど、チームとしても残るステージでの活躍が期待される。

 第18ステージは、中盤に3級山岳が2つ連続し、終盤には1級山岳が現れる204kmのコースが設定されている。山頂ゴールではないため逃げ切りの可能性もあり、逃げを狙う各チームの激しいアタック合戦になりそうだ。(飯島美和)

関連記事

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 ブエルタ2015・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載