カーボンベースのアリアンテが新登場フィジークの溝付きサドル「ヴァーサス」シリーズが2016年モデルで全面刷新

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 サイクルアクセサリーブランド「fi’zi:k」(フィジーク)が、人気の溝付きサドル「ヴァーサス」シリーズを2016年モデルで刷新する。また、カーボンベースを採用した最高峰サドルシリーズ「00」にアリアンテを追加。シューズでは、ロードシューズの「R1B」「R4B」などをモデルチェンジする。

ロードサドルのヴァーサスシリーズ。アリオネ、アンタレス、アリアンテの3種類で、それぞれk:ium(金属中空)レール版とカーボンブレイデッド版を用意 Photo: Ikki YONEYAMAロードサドルのヴァーサスシリーズ。アリオネ、アンタレス、アリアンテの3種類で、それぞれk:ium(金属中空)レール版とカーボンブレイデッド版を用意 Photo: Ikki YONEYAMA

ヴァーサスサドルはより快適に

ヴァーサスシリーズのチャンネル(溝)部分 Photo: Ikki YONEYAMAヴァーサスシリーズのチャンネル(溝)部分 Photo: Ikki YONEYAMA

 ヴァーサスシリーズは、圧力を分散して快適性を高める「チャンネル(溝)デザイン」が特徴だ。2016年モデルはロードバイク向け、マウンテンバイク向けともに全モデルが一新された。パッドが柔らかくなり、より衝撃を吸収するようになったほか、溝が深い「ヴァーサスX」シリーズでは、溝に入る部分のカーブが緩やかになり、圧力がより効果的に分散される。

 フィジークを輸入するカワシマサイクルサプライが東京都内で開いた展示会では、刷新された2016年モデルが勢ぞろい。溝が浅いヴァーサスシリーズと、溝が深く形状が改善されたヴァーサスXシリーズの違いがはっきりと現れていた。

 他のブランドでは完全に穴が開いたサドルとなるジャンルだが、フィジークでは剛性と耐久性の確保、また穴のエッジでの圧迫増加を防ぐため、サドルセンター全体に溝を付けたチャンネルデザインが展開されている。

溝が深く、パッドが厚めのヴァーサスXシリーズ。デザインも一新 Photo: Ikki YONEYAMA溝が深く、パッドが厚めのヴァーサスXシリーズ。デザインも一新 Photo: Ikki YONEYAMA
ヴァーサスXシリーズのチャンネル(溝)部分。溝に入るカーブが従来より緩やかに Photo: Ikki YONEYAMAヴァーサスXシリーズのチャンネル(溝)部分。溝に入るカーブが従来より緩やかに Photo: Ikki YONEYAMA

■VERSUS ARIONE k:ium 税抜価格:15,250円
■VERSUS ANTARES k:ium 税抜価格:15,780円
■VERSUS ALIANTE k:ium 税抜価格:15,250円
■VERSUS ARIONE Braided 税抜価格:22,790円
■VERSUS ANTARES Braided 税抜価格:22,790円
■VERSUS ALIANTE Braided 税抜価格:22,790円
■VERSUS X ARIONE k:ium 税抜価格:17,880円
■VERSUS X ANTARES k:ium 税抜価格:17,880円
■VERSUS X ALIANTE k:ium 税抜価格:17,880円
■VERSUS X ARIONE Braided 税抜価格:24,900円
■VERSUS X ANTARES Braided 税抜価格:24,900円
■VERSUS X ALIANTE Braided 税抜価格:24,900円

アリアンテの「00」が新登場

 レールはもちろんベース部分までカーボン製の最上位サドルシリーズ「00」では、2016年モデルで新たに「アリアンテ 00」が加わる。すでにラインナップされている「アリオネ 00」「アンタレス 00」とあわせて、フィジークが提唱するスパインコンセプト(身体の柔軟性を3分類し、最適のサドルを選ぶという概念)に対応する3モデルが00シリーズでも出揃った。

(左から)アリアンテ 00、アリオネ 00、アンタレス 00。スパインコンセプトに基づく3種類のラインナップが出揃った Photo: Ikki YONEYAMA(左から)アリアンテ 00、アリオネ 00、アンタレス 00。スパインコンセプトに基づく3種類のラインナップが出揃った Photo: Ikki YONEYAMA

■ALIANTE 00 税抜価格:50,140円

名作コンフォートサドル「ロンディネ」が復刻

復刻となるロンディネ Photo: Ikki YONEYAMA復刻となるロンディネ Photo: Ikki YONEYAMA

 サドルではこのほか、名作と謳われた「RONDINE」(ロンディネ)が復刻。豊富なパッド量を誇る、オールラウンドなコンフォートサドルだ。ペダリングを邪魔しないウィングフレックスのほか、サドル後部にアクセサリーを取り付けられるフィジークICSを装備する。

 またマウンテンバイク・エンデューロ競技向けのサドル「MONTE」(モンテ)が新登場。オフロードレースに対応した快適性は、街乗りなど日常使用にも最適だという。

MTBエンデューロ向けに開発されたモンテ Photo: Ikki YONEYAMAMTBエンデューロ向けに開発されたモンテ Photo: Ikki YONEYAMA
MTB用のツンドラ、ゴビ、タールのヴァーサスも新モデルに Photo: Ikki YONEYAMAMTB用のツンドラ、ゴビ、タールのヴァーサスも新モデルに Photo: Ikki YONEYAMA

■RONDINE 税抜価格:6,980円
■MONTE Manganese 税抜価格:8,640円

ロードシューズは全てBoaクロージャー装備に

刷新された「R1B UOMO」はワイヤー巻き取り式のBoaクロージャーを2つ装備 Photo: Ikki YONEYAMA刷新された「R1B UOMO」はワイヤー巻き取り式のBoaクロージャーを2つ装備 Photo: Ikki YONEYAMA

 シューズはロードシューズのトップエンド「R1B」とミドルレンジの「R4B」が新登場。ともにワイヤー巻き取り式のBoaクロージャーを採用しており、これで既存モデルとあわせて、ロード向け「R」のラインは全モデルがBoa装備となった。

 R1B、R4Bともシューズ上部には、足の上側を包み込むエクステンデッドパワーストラップを装備し、パワーロスを防ぐ。一方でシューズ下部はボリュームコントロールゾーンとし、フィット感を細かく調節可能だ。またソールには、ベンチレーションを設けたエアロダイナミック・アウトソールを採用している。

 マウンテンバイクシューズの新製品「M6B」は、カーボン強化ナイロン+ラバーグリップソールを採用した、サイクリングユースにも最適な入門モデルだ。

新登場の「R4B」。右の2つは男性向けの「R4B UOMO」、左は女性向けの「R4B DONNA」 Photo: Ikki YONEYAMA新登場の「R4B」。右の2つは男性向けの「R4B UOMO」、左は女性向けの「R4B DONNA」 Photo: Ikki YONEYAMA
左はR4B、右はR1Bのアウトソール。換気用のベンチレーションがソール前後に設けられる Photo: Ikki YONEYAMA左はR4B、右はR1Bのアウトソール。換気用のベンチレーションがソール前後に設けられる Photo: Ikki YONEYAMA
MTB&サイクリング用となる「M6B UOMO」 Photo: Ikki YONEYAMAMTB&サイクリング用となる「M6B UOMO」 Photo: Ikki YONEYAMA
M6Bの女性向け「M6B DONNA」 Photo: Ikki YONEYAMAM6Bの女性向け「M6B DONNA」 Photo: Ikki YONEYAMA
R5B UOMOの新色、ブラックxオレンジ Photo: Ikki YONEYAMAR5B UOMOの新色、ブラックxオレンジ Photo: Ikki YONEYAMA

■R1B UEMO 税抜価格:39,980円
■R4B UOMO / DONNA 税抜価格:24,800円
■M6B UOMO / DONNA 税抜価格:17,800円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サドル|サイクルパーツ商品一覧フィジーク(fi’zi:k)のサイクルパーツ商品一覧

サイクルパーツ サドル シューズ フィジーク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載