1994年にエフェドリン陽性クララ・ヒューズが自叙伝で過去のドーピング違反を告白 アトランタ五輪の銅メダリスト

  • 一覧
2011年の世界選手権で個人タイムトライアルを走るクララ・ヒューズ Photo: Yuzuru SUNADA2011年の世界選手権で個人タイムトライアルを走るクララ・ヒューズ Photo: Yuzuru SUNADA

 冬季五輪のスピードスケートと夏季五輪の自転車で活躍したクララ・ヒューズ(カナダ)が、新たに出版された自叙伝の中で過去のドーピング違反を告白したと8日、AP通信が報じた。1994年に禁止物質のエフェドリンに陽性反応を示したという。違反は世界反ドーピング機関(WADA)設立前だった。

 ヒューズによると、当時カナダの自転車協会は、検査結果を通知されながら、違反を公表しなかった。協会は「当時の関係者の対処は許容できない」と声明を出した。

 ヒューズはトリノ五輪での金メダルなど冬季と夏季五輪で計6個のメダルに輝いた。

(共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ドーピング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載