スマートフォン版はこちら

新製品情報ルイガノから流麗なクロスバイクが登場 女性用ロードにはスモールサイズも

  • 一覧

 カナダのバイクブランド「ルイガノ」と「ガノー」の2016年モデルが発表された。輸入元のアキコーポレーションが東京都内で開いた展示発表会では、街中のシーンが似合うクロスバイクから、レース仕様のロードバイク、そしてウェアやアクセサリーに至るまで、多くの製品がラインナップされた。

ルイガノ「LGS-TRC」シリーズのハンドル部分。ステムとハンドルバーが一体化した流麗なデザインが特徴だ Photo: Shusaku MATSUOルイガノ「LGS-TRC」シリーズのハンドル部分。ステムとハンドルバーが一体化した流麗なデザインが特徴だ Photo: Shusaku MATSUO

ハンドルからフレームへ流れるようなライン

 ハンドルバーからトップチューブにかけて独特の滑らかなフォルムを持つクロスバイク「ルイガノ LGS-TRC」シリーズが登場した。

ルイガノ「LGS-TRC1」ルイガノ「LGS-TRC1」

 ステムとハンドルバーが一体化し、フレームとの段差がないスマートなフォルムを実現している。ベルトドライブ+内装変速の「LGS-TRC1」と、チェーン駆動で多段ギアを持つ「LGS-TRC2」の2モデル展開。いずれもディスクブレーキを採用し、雨天などの際にも高い制動力を発揮してくれる。


ルイガノ「LGS-TRC1」
税抜価格:155,000円
コンポーネント:シマノALFINE(ベルトドライブ、内装8段変速)
サイズ:420mm、470mm
カラー:MATT CHARCOAL、MATT RAW


ルイガノ「LGS-TRC2」
税抜価格:98,000円
コンポーネント:シマノACERA
サイズ:420mm、470mm
カラー:MATT CHANOAGNE、MATT IRON BLUE

東京都内で開かれた「ルイガノ」と「ガノー」の展示発表会。広い会場に多くのバイクが並んだ Photo: Shusaku MATSUO東京都内で開かれた「ルイガノ」と「ガノー」の展示発表会。広い会場に多くのバイクが並んだ Photo: Shusaku MATSUO

700Cタイヤでも小柄な女性が乗れるロード

女性用ロードバイク「LGS-WSR」 Photo: Shusaku MATSUO女性用ロードバイク「LGS-WSR」 Photo: Shusaku MATSUO

 女性専用に設計された「LGS-WTR」「LGS-WSR」「LGS-WCR」がルイガノから新登場。こぐ力が小さい女性でも乗りやすい剛性感で、しなりを生かして最大限の推進力を得られるという。ホイールは一般的な700Cが採用されているが、フレームは420mmのスモールサイズから展開。小柄な女性でも適性サイズを選びやすい。

「ガノー」はカスタムペイントも魅力

 競技志向のバイクをラインナップする「ガノー」ブランドからは、トップモデルの「GENNIX R!」シリーズが展示された。前年モデルからの変更点はないが、カナダのケベックで好みのカラーにカスタムペイントされる「DREAM FACTORY」の対象フレームとして魅力を保っている。

U23全日本選手権を優勝した中井路雅選手とガノー「GENNIX R1」 Photo: Shusaku MATSUOU23全日本選手権を優勝した中井路雅選手とガノー「GENNIX R1」 Photo: Shusaku MATSUO
ヘッドが短く、低いセッティングを出せることが魅力だというヘッドが短く、低いセッティングを出せることが魅力だという

 このバイクを駆って今年6月に開かれた2015年全日本選手権のU23ロードレースで優勝した京都産業大学の中井路雅選手によると、「小柄な選手でのレーシーなポジションを実現しやすい短いヘッドチューブが魅力。剛性が過剰ではなく推進力が高いフレームなので、全日本のレースでは脚を溜める事ができ、最後にアタックをかける事ができた」と高性能をアピールした。

関連記事

この記事のタグ

15~20万円 5~10万円 アキワールド ガノー クロスバイク ルイガノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載