10月のジャパンカップで勝利目指すダミアーノ・クネゴがファンと交流 千葉・幕張で「イオンイタリアフェア」に出演

  • 一覧

 ジロ・デ・イタリア総合優勝の経験を持つ世界的なロードレーサー、ダミアーノ・クネゴ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ)のトークショーと握手会・サイン会が9月6日、千葉市のイオンモール幕張新都心で開かれ、多くのファンや来場者がスター選手のクネゴとの交流を楽しんだ。

トークショーに出演したダミアーノ・クネゴ =9月6日、千葉市のイオンモール幕張新都心(写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)トークショーに出演したダミアーノ・クネゴ =9月6日、千葉市のイオンモール幕張新都心(写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)

自転車競技の魅力 わかりやすく紹介

 クネゴのイベントは、週末の9月4~6日にかけてイオン各店で開かれた「イオンイタリアフェア」(イタリア大使館、イタリア文化会館後援)の一環で催された。午後2時に特設ステージで「ジロ・デ・イタリア スペシャルトークショー」が始まると、自転車ファンをはじめ、休日にショッピングを楽しむ多くの人が足を止め、熱心にクネゴの話に聞き入った。

ダミアーノ・クネゴのトークショーに黒山の人だかりができた (写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)ダミアーノ・クネゴのトークショーに黒山の人だかりができた (写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)

 クネゴは、今シーズンの印象や、ジロ・デ・イタリアのエピソードを語ったほか、自転車競技を知らない人に向けて、その魅力や、イタリアの美味しい食べ物、自身が暮らすヴェローナの魅力などをわかりやすく紹介した。通訳はイタリア語講師のサイクリスト、マルコ・ファヴァロさんが務め、トークショーは笑いも交えて和やかに進んでいった。

一人ひとりにファンサービス

 その後、モール内の自転車専門店「サイクルテラス」でサイン会と握手会がスタート。時間の都合で先着50人限りとなったが、整理券は開店後すぐになくなってしまうほどの人気だった。

ダミアーノ・クネゴはサイン会や握手会で一人ひとりのファンと交流を楽しんだ (写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)ダミアーノ・クネゴはサイン会や握手会で一人ひとりのファンと交流を楽しんだ (写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)

クネゴはサインをしながら一人ひとり、ファンとの交流を楽しみ、整理券を受け取れなかったファンにもサービスに努めた。

 サイクルテラスではイタリアフェア期間中、「ジロ・デ・イタリア展」も開かれ、総合リーダージャージ「マリアローザ」の実物や、ジロ・デ・イタリアの写真パネル、ダミアーノ・クネゴがレースで使用するロードバイクの実車などが飾られた。

日本とイタリアの交流に貢献

 NIPPO・ヴィーニファンティー二・デローザはイタリア籍で登録するUCI(国際自転車競技連合)プロ・コンチネンタルチームだが、かつての「日本鋪道レーシングチーム」を母体とし、“イタリアと日本のチーム”というコンセプトで活動している。今回、イタリアの自転車文化を日本に紹介したり、ファンとの交流を深めたりできたことについて、クネゴは 「素晴らしいイベントだった」と満足しているという。

強行スケジュールだったが、日本でのイベント出演を楽しんだダミアーノ・クネゴ (写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)強行スケジュールだったが、日本でのイベント出演を楽しんだダミアーノ・クネゴ (写真:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ提供)

 チームによると、クネゴの今回の来日は強行スケジュールとなったが、次回は10月18日に宇都宮市で開かれる「ジャパンカップサイクルロードレース」(UCI1.HC)に出場予定。過去2回優勝している相性の良いレースで、今年も勝利を狙う。

(情報提供 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ) 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載