title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ 第15ステージ新城幸也は集団で動かず回復に努める 翌日の山岳3連戦最終日は「頑張りたいステージ」

  • 一覧
ニュートラルゾーン(パレードスタート中)の選手たち Photo: Miwa IIJIMAニュートラルゾーン(パレードスタート中)の選手たち Photo: Miwa IIJIMA

 9月6日に開かれたブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージで、新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は16分42秒遅れの64位でゴールした。総合順位は73位につけている。

 この日は大西洋に沿うような175.8kmのコース。後半の山岳までは比較的平坦で、前半からアタック合戦が続き、45km地点でチーム ヨーロッパカーのピエール・ローラン(フランス)を含む逃げクループが形成された。

 しかし、後続のメーン集団は大きなタイム差を与えず、3分ほどのタイム差で終盤の山岳へと入った。最後のカテゴリー1級の上りに入ると、後続から追い上げたメーン集団が逃げていた選手を抜き去っていく。上りに強いローランも失速し、メーン集団から追い上げてきたチームメートのファブリス・ジャンデボズとロマン・シカール(ともにフランス)に勝負を託した。

 新城はスタート前に「疲れが溜まっているから今日も休む」と話していたが、1級山岳の上り口ではチームメートをサポートするため、集団の先頭付近に出る姿も見られた。

ゴールした新城に、待ち構えていたチームマッサージャーが駆け寄る Photo: Miwa IIJIMAゴールした新城に、待ち構えていたチームマッサージャーが駆け寄る Photo: Miwa IIJIMA

 ゴール後の新城は次のように語った。

 「今日も無理に動かず走りながら休んだので、だいぶ回復できた。明日はまた、相当きついレースになるだろうけれど、このステージが終われば休養日だし、今日よりもっと回復して良い状態だったら、頑張りたいステージでもある。3週目をどのようなコンディションで走れるかは明日次第かな」

 翌日の第16ステージはカテゴリー3級山岳2回、2級を3回、そして1級を越えて、最後は超級山岳の山頂ゴールとなる、185kmの過酷なステージだ。休息日前日とはいえ、ステージを終えると300kmの移動が待ち構えており、スケジュールも過酷な一日となっている。 (飯島美和)

関連記事

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 ブエルタ2015・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載