大会から11年ぶりにメダル“獲得”マイケル・ロジャースに「アテネ銅」授与 個人TT、薬物違反で繰り上がり

  • 一覧
2004アテネ五輪・個人TTの銅メダルが授与されたマイケル・ロジャース(写真は2004年世界選手権の男子エリート個人TT。ロジャースはこのレースで優勝した) <写真・砂田弓弦>2004アテネ五輪・個人TTの銅メダルが授与されたマイケル・ロジャース(写真は2004年世界選手権の男子エリート個人TT。ロジャースはこのレースで優勝した) <写真・砂田弓弦>

 国際オリンピック委員会(IOC)は9月1日、2004年アテネ五輪の自転車男子個人ロードタイムトライアルで、4位から3位に繰り上がったマイケル・ロジャース(オーストラリア)に銅メダルが授与されたと発表した。スイスのローザンヌで授与式が開かれた。優勝したタイラー・ハミルトン(米国)が2012年にドーピング違反で失格となり、順位が繰り上がっていた。

 35歳のロジャースは世界選手権の個人タイムトライアルで3連覇した実力者。IOC副会長で、オーストラリア・オリンピック委員会のコーツ会長から11年ぶりのメダルを受け取り、「大きな満足感を得られた」と感謝を述べた。(共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載