公式ウェブサイトを2016年ラインナップに一新トレックの新型「マドン」がカスタムプログラム「プロジェクトワン」に対応

  • 一覧
プロジェクトワンに、新型マドンなど最新モデルが追加された(画面はカスタマイズのイメージ)プロジェクトワンに、新型マドンなど最新モデルが追加された(画面はカスタマイズのイメージ)

 トレックのカスタムバイクプログラム「プロジェクトワン」の対応モデルとして、今夏に登場したエアロロード「Madone」(マドン)や、マウンテンバイク(MTB)の「Procaliber SL」(プロキャリバーSL)、「Top Fuel」(トップフューエル)が新たに加わった。それぞれカラーリングやパーツ構成を細かくカスタマイズすることができる。

 完全刷新された新しいマドンは、空力性能を突き詰めるとともに、ドマーネで培った振動吸収システムIsoSpeed(アイソスピード)を「チューブインチューブ」という新たな手法で導入。高い空力性能と乗り心地を両立させた、最高峰のエアロロードだ。

 プロキャリバーはクロスカントリー用のハードテール・マウンテンバイク(MTB)。こちらもIsoSppedをMTBに初めて採用しており、反応性の良さと高い振動吸収性能を両立した。トップフューエルは、クロスカントリーおよびマラソン向けのフルサスMTBで、実証済みの高度なテクノロジーを採用し、最大限のスピードと効率を実現している。

新型「マドン」はシートチューブが二重構造。内側のチューブがしなって振動を吸収する新型「マドン」はシートチューブが二重構造。内側のチューブがしなって振動を吸収する
MTBで初めてIsoSpeedを搭載した「プロキャリバーSL」MTBで初めてIsoSpeedを搭載した「プロキャリバーSL」
前後サスペンション搭載の「トップフューエル」前後サスペンション搭載の「トップフューエル」

公式サイトに話題の最新モデルが勢ぞろい

新たにラインナップに加わった「エモンダALR 4」は完成車15万9000円と魅力的な価格設定新たにラインナップに加わった「エモンダALR 4」は完成車15万9000円と魅力的な価格設定

 同時に、トレックの日本語公式サイトの掲載ラインナップが2016年モデルに更新された。最新モデルの情報はもちろん、既存のモデルもカラーリングやパーツの仕様が2016年モデル対応となった。

 トレック史上最軽量バイク「Émonda」(エモンダ)の血統を受け継ぐ軽量アルミロードバイク「Émonda ALR」(エモンダALR)に、新たにシマノ・ティアグラ仕様の「エモンダALR 4」が加わるなど、話題のラインナップが勢ぞろいしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トレック(TREK)のロードバイク

トレック ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載