海外では死亡例も自転車タイヤの充填ガス装う「危険ドラッグ」流通 和歌山県が知事監視製品に指定

  • 一覧
和歌山県が新たに知事監視製品に指定した「SIVAGUS」 (和歌山県の発表資料より)和歌山県が新たに知事監視製品に指定した「SIVAGUS」 (和歌山県の発表資料より)

 自転車タイヤへ充填(じゅうてん)するガスを装った従来の危険ドラッグとは異なる形状の製品がネットショップなどで出回っていることが、和歌山県への取材で分かった。県は、ガスを吸引すると健康被害を引き起こす恐れがあるとして、購入する際に誓約書提出などを義務付ける「知事監視製品」に8月21日付で指定した。

 和歌山県薬務課によると、新たに知事監視製品に指定されたのは「SIVAGUS」と容器に書かれた製品。自転車タイヤのガス充填用の器具としてネット上で販売されているが、容器の中には麻酔などで用いられる「亜酸化窒素」が詰められており、吸引すると興奮したりするなどの作用を及ぼすという。

 県は、7月ごろにこの製品について把握。ネットショップでは「自転車タイヤの空気圧調整やパンク修理に便利な交換用の高級携帯ポンプ」「海外で話題の自転車用の純窒素ガスカートリッジ」などの紹介で売られている。

 しかし、調査の結果、ガスを吸い込むことで呼吸困難などの健康被害が引き起こされると判断。海外では死亡例もあることから、監視製品に指定した。

 指定に伴い、購入者は吸引するなど身体へ使用しないとの誓約書の提出が必要となり、販売業者も県への届け出や使用方法の説明などが義務づけられる。

 和歌山での使用は確認されていないというが、同課は「通常の危険ドラッグとは異なる形状で新たに広まる可能性がある。決して身体に摂取したり使用したりしないでほしい」と呼びかけている。

産経新聞和歌山版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載