さいたま新都心駅周辺で10月24日に開催「さいたまクリテリウム」にフルーム、別府、新城の出場が決定 いずれも3年連続3回目

  • 一覧

 さいたま市のさいたま新都心駅周辺で10月24日に開催される「2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に、今年のツール・ド・フランスで総合優勝したクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)と、本場欧州のプロチームで活躍する別府史之(トレック ファクトリーレーシング)、新城幸也(チーム ヨーロッパカー)が出場することが決まった。3選手とも第1回大会から3年連続の出場。残る出場全選手の発表は、9月24日の記者会見で行われる予定。

「2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」への出場が決まった、(左から)別府文之、クリストファー・フルーム、新城幸也の3人 <写真・砂田弓弦>「2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」への出場が決まった、(左から)別府文之、クリストファー・フルーム、新城幸也の3人 <写真・砂田弓弦>

 フルームはツール総合初優勝を飾った2013年、さいたまクリテリウムの第1回大会にマイヨジョーヌを着て来日し、独走での優勝を飾っている。昨年のツールでは不本意なリタイアを喫しながらも、さいたまクリテリウムには2年連続で出場し、ファンの声援に応えた。今年は王座を奪還し、再びマイヨジョーヌを着ての来日となる。

 別府は2009年、新城とともに日本人として初めてツールを完走。最終ステージでは日本人初の敢闘賞を受賞した。日本人として唯一、モニュメント(5大クラシックレース)全レースを完走するなど、日本を代表するロードレーサーだ。さいたまクリテリウムでは過去2大会とも、レース後半に渾身の単独アタックで観客を沸かせ、いずれも敢闘賞を受賞している。

 新城は2009年にツール初出場した後、2014年までに日本人最多となる通算5度のツール出場を果たし、そのいずれも完走している。2012年のツール第4ステージでは敢闘賞を受賞し、日本人として初めてツールの表彰台に上がった。さいたまクリテリウムでは昨年のレース終盤、別府とともに抜け出すアタックを見せ、ゴールスプリントで日本人最高の5位に入っている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載