タンクトップ&ノーグローブで全開走行浦上太郎がバースデーウィンでシリーズ初の連勝 「ダウンヒルシリーズ」第4戦・福井和泉

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)のシリーズ戦「ダウンヒルシリーズ」の第4戦が8月15、16日、福井県大野市の福井和泉MTB PARKで開催され、浦上太郎(Transition Airlines/Cleat)が第3戦に続いてPROクラス連勝を飾った。シリーズ2年目にして初のPROクラス連勝者となった浦上は、本戦日が27歳の誕生日。「何も言うことはありません!最高の気分です!」と、笑顔が弾けた。

(文・平野志磨子、写真・Hiroyuki NAKAGAWA/DOWNHILL SERIES)

連勝&バースデーウィンを決めた浦上太郎。常にスタイル最優先、タンクトップにノーグローブで全開走行する連勝&バースデーウィンを決めた浦上太郎。常にスタイル最優先、タンクトップにノーグローブで全開走行する

第4戦目も快晴 タイムドセッションは井本はじめがトップに

 昨年、大雨警報が出るほどの、悪天候の中での開催となった福井和泉会場。今年は快晴に恵まれ、今年のシリーズ開幕からの連続快晴記録を伸ばすこととなった。

1回の搬送で40人を山頂まで届けるのが福井和泉のスタイル1回の搬送で40人を山頂まで届けるのが福井和泉のスタイル
山頂のクワッドリフトの駅舎はスタートを待つライダーの待機所となった山頂のクワッドリフトの駅舎はスタートを待つライダーの待機所となった
真夏のイベントにふさわしく、かき氷を提供したのは大阪からやってきたタベルナ・エスキーナ真夏のイベントにふさわしく、かき氷を提供したのは大阪からやってきたタベルナ・エスキーナ

 今回のコースは、全長1.35㎞。福井和泉スキー場の象徴、クワッドリフトの山頂駅横にスタートは設けられる。スタート直後は、オープンなゲレンデセクションを右に左にとコーナーが連続する高速セクション。第1シングルの入り口には、今年リニューアルされたロックセクションがあり、3つのラインからの自由選択。大岩を超える真ん中のラインは着地までが2mを越える大きなドロップとなっており、ライダーたちは果敢にチャレンジした。第1シングルを越えると斜度は増し、一本橋から3連テーブルトップへ。3連テーブル直後に設けられたバイパスルートは今回のレースのために用意された特設ルート。その後、ゲレンデベースから見渡せる、11mと5mのキャニオンジャンプとバームで構成されたリズムセクションへ。レッドブルアーチを越えれば、フィニッシュとなる。

スタートゲートの緊張感もレースの楽しみのひとつスタートゲートの緊張感もレースの楽しみのひとつ
前半の高速セクションを走る吉田昭雄(髑髏団)前半の高速セクションを走る吉田昭雄(髑髏団)
搬送トラックの出発を待つ、康本拓未(HottSpin)、山田淳一(Tri-J TARGET)、松本正起(RAGBIKES)ら若手ライダーたち搬送トラックの出発を待つ、康本拓未(HottSpin)、山田淳一(Tri-J TARGET)、松本正起(RAGBIKES)ら若手ライダーたち
トラックはコースサイドの作業道を約20分で山頂へ到着するトラックはコースサイドの作業道を約20分で山頂へ到着する

 福井和泉会場での搬送は、4駆トラックにトレーラーを牽くスタイル。片道約20分をかけて一度に40台+40人を搬送する。そのため、クラスによって搬送スケジュールが決められ、ライダーは全員平等に4度スタート地点に運ばれる。トラックの荷台やバイクが積まれたトレーラーの隙間に乗り込み、スタートへ向かう。

 土曜日のタイムドセッションには57人が参加。コースはドライでパフパフ。そんな初日、唯一、2分を切る好タイムを出したのは、ワールドカップの北米2連戦から帰ってきたばかりのPROクラスライダー井本はじめ(SRAM/LITEC)。2位には加藤将来(AKI FACTORY/ACCEL)、3位には井手川直樹(AKI FACTORY/STRIDER)が入った。今年から公開している総合順位では、PROクラスの加藤を押さえ、エリート男子クラスの下垣大樹(Lapierre)が2位に食い込んだ。

最初の難関、ロックセクションの大岩ライン。一つ手前の岩からテイクオフするのは相当な勇気と根性が必要だ。ライダーは宇津孝太郎(カメクリコロッケ小川輪業)最初の難関、ロックセクションの大岩ライン。一つ手前の岩からテイクオフするのは相当な勇気と根性が必要だ。ライダーは宇津孝太郎(カメクリコロッケ小川輪業)
毎回ハードテイルで好走する増田直樹(DTP)。全クラス総合でも7位の成績を残した毎回ハードテールで好走する増田直樹(DTP)。全クラス総合でも7位の成績を残した

エリートクラスは下垣大樹が待望の勝利

 本戦当日。午前中の試走は2回。土曜日のタイムドセッションの上位35人と日曜日のみ参加のライダーが3回の試走に行き、降りてくると本戦が始まる。今回は、過去にワールドカップ最年少エントリーをし、伝説的ダウンヒラーのショーン・パーマーに勝ったこともあるという、福井和泉のローカルライダーでグラフィックアーティストの笠川雄一郎氏が前走者を務めた。結果としてはビッグジャンプ後にクラッシュとなったが、古くからの会場のファンを沸かせた。

勝てる位置にいながら勝利が遠い浅野善亮(TEAM GIANT)。プロクラスは常にレベルが高い争いが繰り広げられる勝てる位置にいながら勝利が遠い浅野善亮(TEAM GIANT)。プロクラスは常にレベルが高い争いが繰り広げられる
どうしても勝ちたかった下垣大樹(Lapierre)。エリートクラスを制してプロクラスに挑戦する権利を得たどうしても勝ちたかった下垣大樹(Lapierre)。エリートクラスを制してプロクラスに挑戦する権利を得た

 まずスタートするのは、激戦のエリート男子クラス。タイムドセッションのリバーススタートで始まると、次々に最速タイムが塗り替えられていく。東京から参戦の幸田玲音(ASTポンコツレーシング)は土曜日より4秒縮めて2分3秒593、第1戦で優勝した藤村飛丸(BlankyDog/MUDDYCHOCOLATE)は2分3秒095、タイムドセッション3位の宇津孝太郎(カメクリコロッケ小川輪業)は2分2秒809。フィニッシュしてMCアリーの読み上げるタイムを聞くと、首をかしげるような仕草で帰って行く。

福井和泉からサポートを受ける下垣は期待通り11mキャニオンを飛んで観客を沸かせた福井和泉からサポートを受ける下垣は期待通り11mキャニオンを飛んで観客を沸かせた

 残り2人。タイムドセッション2位で、第2戦SRAMPARKでも本戦で2位に入ったハードテールの使い手・増田直樹(DTP)が2秒縮めての2分1秒台を出す。「あの人はヤバい」と、増田の走りを見た人は口々に言う。今回も若者を十分に焦らせるタイムを出す。そして最終走者は、下垣。フィニッシュエリアからも見える11mビックジャンプを飛ぶ。そしてフィニッシュ。「タイムは2分00秒……923!」とMCアリーが読み上げると、搬送を待つPROライダーたちからも歓声が上がった。

肩の故障をおして出走した井手川直樹(AKI FACTORY/STRIDER)。様子見だと言いながらも4位となった肩の故障をおして出走した井手川直樹(AKI FACTORY/STRIDER)。様子見だと言いながらも4位となった

 開幕戦以降、エリートクラスで2位、4位、4位と勝てそうで勝てない悔しい思いをしてきた下垣。決して派手ではないが、粛々と練習を積む姿に応援しているファンは多い。今回も金曜日に会場入りし、念入りに試走を繰り返した。「この勝利は通過点に過ぎないので、勝つイメージを持ったまま次戦までトレーニングします」と下垣らしい謙虚な言葉ながら手に入れた、念願の初勝利になった。

勢いよく攻めた浦上太郎 第3戦に続き連勝

 そして、PROクラス。今年導入された「下克上システム」(エリート男子勝者がPROクラスの前走者としてPROクラスに挑める)にのっとり、下垣が前走者としてスタート。しかし、ここはやはりPROクラスライダー。前戦の優勝者でタイムドセッション4位の浦上太郎が、止まりきれずにフィニッシュの溜まりを囲うコーステープをぶち破る勢いでフィニッシュをすると、1分56秒248という驚異的タイムを叩き出す。

こちらもどうしても勝ちたい男、加藤将来(AKI FACTORY/ACCEL)。常に表彰台に登るが頂点はまだ未経験だこちらもどうしても勝ちたい男、加藤将来(AKI FACTORY/ACCEL)。常に表彰台に登るが頂点はまだ未経験だ

 残るは3人。井手川は2分00秒302、加藤は1分58秒299、そして「あまりに暑くて、後半たれちゃって、ミスが出てしまいました」とレース後に話した最終走者の井本のタイムが1分56秒362と読み上げられた瞬間、浦上がDOWNHILL SERIESの2年目にして初の連勝ライダーとなった。

決勝で11mキャニオンを選択し、豪快なウィップを決めた浦上太郎(Transition Airline/Cleat)決勝で11mキャニオンを選択し、豪快なウィップを決めた浦上太郎(Transition Airline/Cleat)
ウイングヒルズに続いて連勝した浦上太郎。賞金10万円を獲得したウイングヒルズに続いて連勝した浦上太郎。賞金10万円を獲得した

 浦上はレース後、「今日のコースは、あまりに楽しくて攻める気が起きないくらいだったんですけど(笑)。本番では攻めたら良い感じで走れました」と話した。土曜日のタイムドセッション後にはPROライダーによるファン交流企画を担当。1時間半をかけてコースウォークを行い、参加者たちに浦上流「気持ちの良い」ラインを伝授した。そして、優勝。「なんか完璧っすよね。できすぎてますね。誕生日だし、最高ですね」といつも笑顔の浦上の笑顔が、いつにも増して弾けた。

ファーストタイマークラス表彰式ファーストタイマークラス表彰式
スポーツクラス女子表彰式スポーツクラス女子表彰式
スポーツクラス男子表彰式スポーツクラス男子表彰式
エキスパートクラス男子表彰式エキスパートクラス男子表彰式
エリートクラス女子表彰式エリートクラス女子表彰式
エリートクラス男子表彰式エリートクラス男子表彰式

第5戦は9月19、20日に開催

 エリート女子クラスでは、ここ2戦をブース出展ではなくライダーとして参戦してくれている大阪府箕面のパン屋さん、富田敬子(Acciarpone)が優勝を飾った。

プロクラス表彰式プロクラス表彰式

 ファーストタイマー男子では有時淳一(Low Flow)が、スポーツ女子クラスではレース初出場の川合慶(カンモー・ジジ)が、スポーツ男子クラスでは藤田二雄が、エキスパート男子クラスでは大浜真志(メタボリックレーシング)が優勝となった。

 次戦は9月19、20日に島根県は瑞穂ハイランドにて第5戦が行われる。

参加者集合写真参加者集合写真

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ダウンヒルシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載