title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ 第1ステージ新城幸也のチーム ヨーロッパカーは“安全第一”でゴール 「明日は厳しいステージ」

  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャが8月22日に開幕し、第1ステージは砂まみれになった海辺の遊歩道を使用した7.4kmのチームタイムトライアルで争われた。総合成績に反映されない異例のステージで、新城幸也を擁するチーム ヨーロッパカーは出場22チーム中の最下位でゴールした。

リラックスしてスタートを待つ新城幸也とチームメートたち (Photo:Miwa IIJIMA)リラックスしてスタートを待つ新城幸也とチームメートたち (Photo:Miwa IIJIMA)

 チーム ヨーロッパカーは無理をせず、安全に走るというチームオーダーのため、リラックスムードでレースに臨んだ。最下位に終わったが、選手たちは第2ステージからが勝負と考えている。

 第1ステージを終えた新城は「今日はとにかく安全第一で走ることが目標でした。エキシビジョンみたいな感覚ですね。初めてのヴエルタの感想と言うほどレースをした印象はまだありませんが、明日(第2ステージ)はいきなり厳しいステージなりそう。レース勘を取り戻すためにも頑張って動きます。日に日にコンディションを上げていこうと思っています」とコメントした。

(レポート 飯島美和)

スタート地点に並ぶチーム ヨーロッパカー(Photo:Miwa IIJIMA)スタート地点に並ぶチーム ヨーロッパカー(Photo:Miwa IIJIMA)
​狭い桟橋がコースとなった第1ステージ(Photo:Miwa IIJIMA) 狭い桟橋がコースとなった第1ステージ(Photo:Miwa IIJIMA)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 ブエルタ2015・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載