カメラなどを奪い逃走リオ五輪の自転車競技テスト大会、本番コース上で強盗 撮影スタッフが襲われる

  • 一覧

 ブラジル・リオデジャネイロで8月16日に行われたリオ五輪の自転車競技のテスト大会で、市の委託を受けた撮影チームが強盗に遭い、カメラなどを奪われた。地元メディアが伝えた。

ブラジル・リオデジャネイロで行われたリオ五輪の自転車競技テスト大会 =16日(共同)ブラジル・リオデジャネイロで行われたリオ五輪の自転車競技テスト大会 =16日(共同)

 事件が起きたのは、テスト大会の競技のコース上で、来年の五輪本番のコースでもある場所。選手や関係者に治安上の懸念を与えそうだ。

 競技のスタート直前にスタッフ5人が競技の様子を撮影しようと準備していたところ、バイクに乗った2人組に襲われ、カメラと携帯電話を奪われた。犯人の1人は銃を持っていたが、スタッフは抵抗せず、けが人はなかった。(リオデジャネイロ共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2016リオデジャネイロ五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載