フィギュア羽生結弦選手のサイン入りジャージも別府史之選手、日向涼子さんらがチャリティーオークションに出品 落札金額を寄付

  • 一覧

 「ヤフオク!」で、有名人が愛用品や記念品をオークションに出品し、落札金額を慈善団体へ寄付する「チャリティーオークション2015夏」が8月20日に始まった。自転車関係では、プロロードレーサーの別府史之選手(トレック ファクトリーレーシング)と、モデルでサイクリストの日向涼子さんが、それぞれサイン入りジャージなどを出品。また、9月13日開催の「ツール・ド・東北」を応援するフィギュアスケートの羽生結弦選手が、サイン入りの同大会公式ジャージ(2014年版)を出品している。

チャリティーオークションにサイン入りジャージを出品する別府史之選手(左)と日向涼子さん (シャイン・オン・キッズ提供)チャリティーオークションにサイン入りジャージを出品する別府史之選手(左)と日向涼子さん (シャイン・オン・キッズ提供)

別府史之選手のジロ着用チームジャージ+ゼッケン

「ジロ・デ・イタリア2015」で着用したジャージにサインを書く別府史之選手 (シャイン・オン・キッズ提供)「ジロ・デ・イタリア2015」で着用したジャージにサインを書く別府史之選手 (シャイン・オン・キッズ提供)

 別府選手は、今年5月に開催されたイタリア一周ステージレース「ジロ・デ・イタリア」で自身が着用したチームジャージとゼッケンのセットを出品している。ジャージには別府選手が直筆でサインを記入した。

 落札金額は、小児がんや重い病気と闘う子供たちを支えるNPO法人「シャイン・オン・キッズ」に寄付される。別府選手は2012年からシャイン・オン・キッズの活動を支援。カラフルなビーズを使って、病気と闘う子どもたちの心のケアを行う「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」のアンバサダーを務め、出場する毎レースでチーム・ビーズを身につけて、子どもたちに勇気を贈り続けてきた。

 この商品のオークション終了は8月27日(木)午後10時の予定。ただし早期に終了する可能性もある。落札金額はシャイン・オン・キッズに寄付される。

別府史之選手が出品したサイン入りチームジャージ (シャイン・オン・キッズ提供)別府史之選手が出品したサイン入りチームジャージ (シャイン・オン・キッズ提供)
左胸に別府史之選手のサインが記されている (シャイン・オン・キッズ提供)左胸に別府史之選手のサインが記されている (シャイン・オン・キッズ提供)
別府史之選手がジロ・デ・イタリアで着用していたゼッケン。ジャージとセットで出品された (シャイン・オン・キッズ提供)別府史之選手がジロ・デ・イタリアで着用していたゼッケン。ジャージとセットで出品された (シャイン・オン・キッズ提供)

日向涼子さんサイン入りジャージ、直筆イラスト原画

フェスティナのサイクルジャージにイラストを描く日向涼子さん (シャイン・オン・キッズ提供)フェスティナのサイクルジャージにイラストを描く日向涼子さん (シャイン・オン・キッズ提供)

 フランスのアルプス山脈で今年7月に開催された山岳サイクリング大会「エタップ・デュ・ツール」を完走したモデルの日向涼子さん。大きな峠を4つクリアするコースは、距離142km、獲得標高4300mにも及び、出場者の4人に1人以上がリタイアした過酷なイベントだ。

 今回のチャリティーオークションには、日向さんのエタップ完走をサポートしたブランドの一つ、腕時計の「FESTINA」(フェスティナ)から提供されたサイクルジャージに、日向さん自身がイラストを描いて出品した。

 日向さんも別府選手と同様に、以前からシャイン・オン・キッズの活動に賛同。「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」への参加を続け、今夏のエタップ挑戦時もビーズを身につけて走った。

日向さんのファンにはおなじみのかわいいイラスト (シャイン・オン・キッズ提供)日向さんのファンにはおなじみのかわいいイラスト (シャイン・オン・キッズ提供)

 日向さんのサイン入りジャージののオークション終了は8月27日(木)午後10時2分の予定。ただし早期に終了する可能性もある。落札金額はシャイン・オン・キッズに寄付される。

 また日向さんは、シャイン・オン・キッズの活動を支援するため、「Yahoo! ネット募金」で寄付を呼びかけている

◇         ◇

自転車専門誌「月刊ファンライド」に日向さんが連載していた「銀輪レディの素」のイラスト原画 (シャイン・オン・キッズ提供)自転車専門誌「月刊ファンライド」に日向さんが連載していた「銀輪レディの素」のイラスト原画 (シャイン・オン・キッズ提供)

 日向さんはもう一つ、「月刊 FUNRiDE(ファンライド)」に執筆していたイラスト連載「銀輪レディの素」の原画を、エタップ・デュ・ツールのおみやげとともに出品している。

 月刊ファンライドは2015年9月号で休刊となったが、その最終号に掲載された連載のひとコマの原画を、日向さんが自ら額装して出品。エタップ挑戦前の緊張感を表現したほほ笑ましいイラストだ。

 セットで提供されるエタップみやげのキロポスト(道標)型の貯金箱(陶器)は、日向さんがエタップの会場で購入したもので、日向さん直筆のメッセージとイラストが描き込まれている。

「エタップ・デュ・ツール」の記念品として日向涼子さんが会場で自ら購入したキロポスト型の置き物。貯金箱になっている「エタップ・デュ・ツール」の記念品として日向さんが会場で自ら購入したキロポスト型の置き物。貯金箱になっている
キロポスト型の貯金箱に、日向涼子さんがメッセージを記入して出品している (シャイン・オン・キッズ提供)キロポスト型の貯金箱に、日向さんがメッセージを記入して出品している (シャイン・オン・キッズ提供)

イラスト原画+貯金箱のオークション終了は8月27日(木)午後10時2分の予定。ただし早期に終了する可能性もある。落札金額はシャイン・オン・キッズに寄付される。

羽生結弦選手サイン入り「ツール・ド・東北」ジャージ

報道陣に練習を公開後、質問に答える羽生結弦選手 =2015年8月6日、カナダ・トロント(共同)報道陣に練習を公開後、質問に答える羽生結弦選手 =2015年8月6日、カナダ・トロント(共同)

 今年9月13日に宮城県の三陸沿岸で開催される東日本大震災の復興支援サイクリング「ツール・ド・東北」に向けて、著名人による応援団「ツール・ド・東北 フレンズ」に就任したフィギュアスケートの羽生結弦選手が、ビデオメッセージ撮影時に着用した大会公式ジャージにサインを書いて出品している。

 羽生選手は東日本大震災発生時、実家のある仙台市で被災した。ツール・ド・東北に向けて、「三陸地域では復興が遅れているところもあると聞いています。ライダーのみなさんがさっそうと走る姿は、きっと被災された方々を勇気付けるに違いありません」と語り、大会が復興支援に役立つことを期待している。

羽生結弦選手が出品したサイン入りの「ツールド東北」公式ジャージ(2014年版・前) <ツール・ド・東北2015実行委員会提供>羽生結弦選手が出品したサイン入りの「ツールド東北」公式ジャージ(2014年版・前) <ツール・ド・東北2015実行委員会提供>
羽生結弦選手が出品したサイン入りの「ツールド東北」公式ジャージ(2014年版・後) <ツール・ド・東北2015実行委員会提供>羽生結弦選手が出品したサイン入りの「ツールド東北」公式ジャージ(2014年版・後) <ツール・ド・東北2015実行委員会提供>
羽生結弦選手のサイン <ツール・ド・東北2015実行委員会提供>羽生選手のサイン <ツール・ド・東北2015実行委員会提供>

 羽生選手のサイン入りジャージのオークション終了は8月27日(木)午後10時15分の予定。ただし早期に終了する可能性もある。落札金額は、自転車を活用した東北地方の観光振興などに充てられる「ツール・ド・東北 基金」へ寄付される。

実物を東京・渋谷の店頭で展示

 「ヤフオク!」は、インターネットサービス大手のヤフーが運営する日本最大のオークションサイト。ヤフオク!では社会貢献活動の一環として、サービス開始以来、チャリティーオークションを継続して実施している。

ヤフOFF! フラッグシップストア 渋谷センター街 (シャイン・オン・キッズ提供)ヤフOFF! フラッグシップストア 渋谷センター街 (シャイン・オン・キッズ提供)

 今回は、より多くの方に参加を呼びかけるため、国際連合が定める9月5日の「国際チャリティー・デー」に合わせて、通常時よりも大規模な取り組みとして開催。女子サッカーの澤穂希選手、歌手の倉木麻衣さん、アイドルグループ「仮面女子」、ウルトラマンら著名人・団体から商品の提供を受け、4回に分けて計100点の出品を予定している。

 今回の出品商品の一部は、東京・渋谷の「ヤフOFF! フラッグシップストア 渋谷センター街」に展示され、実際に見ることができる。別府選手、日向さん、羽生選手のジャージは8月27日まで展示されている。

ヤフOFF! フラッグシップストアに展示されている(右から)日向涼子さん、別府史之選手、羽生結弦選手選手のサイン入りジャージ (シャイン・オン・キッズ提供)ヤフOFF! フラッグシップストアに展示されている(右から)日向涼子さん、別府史之選手、羽生結弦選手選手のサイン入りジャージ (シャイン・オン・キッズ提供)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・東北 別府史之 日向涼子

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載