スマートフォン版はこちら

title banner

つれづれイタリア~ノ<56>エスプレッソなしじゃ始まらない イタリアとコーヒーとロードレースの関係

  • 一覧

 ジュニアカテゴリーのヨーロッパ選手権ロードレースが、エストニアのタルトゥで8月5日から9日にかけて開催されました。イタリアからも多くの選手が参加し、まずまずの結果を残しました。しかし、その裏には見えない苦労がありました。マッテオ・レンツィ首相が進めている財政赤字改善政策の影響で、スポーツに割り当てる資金が大幅にカットされ、自転車競技にも影響が出ています。

 31人の選手団は従来どおりに開催地まで飛行機で移動しましたが、16人のスタッフと、必要最低限まで減らした設備は、大型バスでエストニアまで移動することになりました。なんとエストニアまで2400kmもの距離を走破したのです。

 “必要最低限の設備”に絞るため、以前は空輸していた食料は現地のスーパーで調達することになりました。持参したのは自転車(73台)や予備のホイール(140本)、飲料水として大型ウォーターサーバー15個(10L入り)、ミネラルウォーターボトル120本など。そして、10個入りのエスプレッソコーヒーカプセルが150箱以上。そう、大量のコーヒーも含まれるのです。

カップッチーノにスイーツ。バールの定番カップッチーノにスイーツ。バールの定番

 イタリア人にとって「これがないと一日が始まらない」というぐらいコーヒーは重要な存在です。一週間の滞在でコーヒーカップ1500杯分という量は、一日で一人当たり約4、5杯という計算になります。

王手コーヒーチェーンでも打破できないイタリアの壁

 イタリア人はヨーロッパ、いや全世界の誰よりもコーヒーを愛していると言っても過言ではないでしょう。100年前に独自のコーヒー文化を作り上げ、今ではエスプレッソコーヒーやモカコーヒーは全世界で飲まれています。

 イタリア人が好きなコーヒーは主に3種類あります。バールで飲むエスプレッソコーヒーとカプチーノ。そして家で作るモカコーヒー。ICO(国際コーヒー機関)の最新データ(2014年7月の統計)によれば、イタリアで消費されたコーヒー豆の量は、ヨーロッパではドイツに次ぎ2位です。

バール休憩はコンビニ休憩のように定番バール休憩はコンビニ休憩のように定番
トレヴィーゾ市内のバール。自転車が似合いますトレヴィーゾ市内のバール。自転車が似合います

 しかし、一番驚くデータはコーヒー焙煎メーカーの存在です。個人経営を除けば、イタリア国内だけで850社以上あります。つまり、世界的にも有名なセガフレード、ラヴァッツァ、イッリなどの王手焙煎会社を除けば、各地で無数のコーヒー焙煎所があり、その地域ごとにコーヒーの味があります。私が小さかった頃は、コーヒーはスーパーで買うものではなく、近くの行きつけのTorrefazione Caffe(トーレファッツィオーネ カフェ=焙煎店)で買っていましたし、今もその伝統は生き続けています。

 なぜイタリアではアメリカの大手コーヒーチェーンは成功しないのか、という不思議な現象があります。要因は3つあると思います。

 第1は、地域密着型のバールネットワークの存在。イタリアのどんなに辺鄙な村でもバールがあります。首都、ローマ市内だけで、4000件以上。人口40万人弱のフィレンツェでも1400件以上あります。店内に新聞が置いてあり、市民の憩いの場となっています。市民センターのような役割を果たしているようです。多くのアマチュアチームのミーティングもバールで行われます。

チェゼーナ市にある、サッカーの長友佑都選手が愛したバールを訪れた筆者のマルコ・ファヴァロさんチェゼーナ市にある、サッカーの長友佑都選手が愛したバールを訪れた筆者のマルコ・ファヴァロさん
海の家のカップッチーノ海の家のカップッチーノ

 第2は値段です。エスプレッソコーヒーは1ユーロ(約140円)、カプチーノは1.30ユーロ(約180円)。

 最後の要因は、味です。イタリア人はうまく焙煎されたコーヒー豆のほろ苦い味が大好きです。そしておいしい味を知ったら、絶対に手放さない!ということで、バール文化が崩壊しない限り、王手チェーンが入る隙はありません。

プロチームを支えたコーヒーマシンメーカー

エスプレッソを飲むヴァレリオ・コンティ(2014ジャパンカップサイクルロードレース)エスプレッソを飲むヴァレリオ・コンティ(2014ジャパンカップサイクルロードレース)

 毎年10月、宇都宮で開かれるジャパンカップを訪れると、スタート前のイタリアの選手たちがうれしそうにコーヒーを飲んでいます。実は、コーヒーは選手たちの心を支えるだけでなく、スポンサーとしても長くイタリアの自転車競技界を支えています。

 1960~70年代にファエマというチームが華々しい活躍をしました。このファエマというブランドの親会社は、有名な業務用コーヒーマシンメーカー、チンバリ社です。このチームの元で、多くのチャンピオンが誕生しました。エディ・メルクス(ベルギー)、ヴィットリオ・アドルニ(イタリア)、リック・ファンローイ(ベルギー)。

 ファエマ以降、大々的なスポンサー活動をしていなかったチンバリ社でしたが、今年の7月20日に自転車の世界に戻りました。コモ湖のギザッロ峠にある自転車博物館と協定を結び、スポンサーとしてこの博物館を支えています。

ダミアーノ・クネゴはサエコに所属していた2004年にジロ・デ・イタリア総合優勝を達成した<写真・砂田弓弦>ダミアーノ・クネゴはサエコに所属していた2004年にジロ・デ・イタリア総合優勝を達成した<写真・砂田弓弦>

 もう一つ、大きなスポンサーを忘れてはいけません。ボローニャを拠点とする業務用コーヒーマシンメーカー、サエコ社です。この会社は、故マルコ・パンターニ(イタリア)が所属していたメルカトーネ・ウーノのチームを引き継ぎ、1996年から2004年までチームのメーンスポンサーになりました。

 ここで、マリオ・チポッリーニ、イヴァン・ゴッティ、ジルベルト・シモーニ、ダミアーノ・クネゴ、ミケレ・バルトリ、パオロ・サヴォルデッリ(ともにイタリア)ら、イタリアの自転車競技の歴史を支えた堂々たるメンバーたちが活躍しました。現在、その精神は現在のランプレ・メリダに引き継がれています。

かつてのドーピングは「カフェ・コッレット」

海の家のおしゃれなエスプレッソ海の家のおしゃれなエスプレッソ

 もう100年以上前の話ですが、かつてエスプレッソコーヒーはドーピングとして使われていました。コーヒーに含まれるカフェインが、興奮や強壮の効果があるとして知られ、レース前に4~5杯のコーヒーを飲む人もいました。さらにコーヒーの中にラム酒を入れ「カフェ・コッレット」(アルコール入りコーヒー)という形でカフェインの効果を高めようとする人もいました。今では、絶対に考えられないことですね。

 現在、カフェインはドーピング物質として禁止されていませんが、持久系のスポーツにおいて、なんらかのプラスになると多くの研究機関が証明しています。不眠の方はくれぐれも飲み過ぎないようにご注意ください。

イタリアのバール巡り!マルコおすすめのお店

ローマ「Bar Sant’Eustachio il Caffe」 Piazza di Sant’Eustachio 82, Roma
 超大人気のローマコーヒーです。独自で焙煎された豆も販売しています。お土産にいいかも。

ナポリ「Gran Caffe Gambrinus」 Via Chiaia 1-2, 80132 Napoli.
 王室も利用したおしゃれなコーヒー店です。お菓子も有名でドイツのアンゲラ・メルケル首相も虜となりました。

ヴェネツィア「Torrefazione Cannaregio」 Cannaregio 1337, Venezia
 穴場中の穴場です。昔ながらのコーヒー店で地元の人に愛されています。ヴェネツィア中央駅から近い。

パドヴァ「Caffe Pedrocchi」 Via VIII febbraio 15, Padova.
 歴史あるバールで、コーヒー以外は食前酒もおすすめです。

ミラノ「Bar Magenta」Via Carducci, 13, 20123 Milano
 ミラネーゼ憩いの場です。

文 マルコ・ファヴァロ

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)

イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

関連記事

この記事のタグ

つれづれイタリア~ノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載