経験不問、誰でも応募可能日給3万円+全国どこからでも交通費支給 「ジャパンカップクリテリウム」アルバイト募集

  • 一覧

 リクルートジョブズが運営する求人情報メディア「タウンワーク」は、宇都宮市で10月17日に開催される「ジャパンカップクリテリウム」の会場運営業務のアルバイト募集を開始した。貴重な経験ができる「激レアバイト」として企画されたもので、日給3万円、交通費は全国どこからでも支給され、必要なら宿泊も用意されるという超高待遇だ。

スタッフジャンパーは持ち帰りOK

宇都宮市中心街を舞台に高速バトルが繰り広げられる「ジャパンカップクリテリウム」 (写真は2014年大会)宇都宮市中心街を舞台に高速バトルが繰り広げられる「ジャパンカップクリテリウム」 (写真は2014年大会)

 タウンワークによると、仕事の内容はクリテリウム会場の運営業務。大会当日は、出場選手のアテンドや、レースを間近で見ることができる特別観覧席の受付などをサポートし、スタッフエリアからレースを支えるという。また、当日のIDカードやスタッフジャンパーは記念品として持ち帰りOKだ。勤務時間は最大8時間、採用予定人数は2人。特別な資格や経験は必要なく、男女問わず誰でも応募できる。

 応募は8月17日(月)~8月30日(日)の募集期間に、タウンワークサイト内の応募フォームからのみ受け付ける。実際に行われたバイトの様子は、ウェブサイト「タウンワークマガジン」で紹介されるという。

 タウンワークでは「世界トップクラスの選手たちの気迫に負けず、レースをサポートしてくれる方を募集いたします」と呼びかけている。

「バイト体験は人生にとって意味がある」

 「ジャパンカップ」は今年で24回目を迎える日本最高峰のサイクルロードレースで、昨年は延べ12万人のファンが訪れた。ジャパンカップクリテリウムは、郊外の山林を舞台とするレース本戦の前日に、宇都宮市中心街で行われる周回レースで、国内外のトップ選手たちが高速バトルを展開する。

(タウンワークの募集紹介ページより)(タウンワークの募集紹介ページより)

 「激レアバイト」は、「バイトをすることで得られる新しい体験や人間関係、社会との触れ合いなどは人生にとって意味がある」とするタウンワークの考えを具現化すべく、今年1月にスタートした特別なアルバイトの企画。今回はジャパンカップクリテリウムと同時に、日光東照宮での横綱奉納土俵入りで力士らのアテンドにあたるアルバイトなどの募集が始まっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2015 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載