無灯火で運転、パトカーも停止求めたが…自転車に衝突され警察官重体 過失傷害容疑で高知市の高校生を現行犯逮捕

  • 一覧

 自転車で警察官に衝突し、けがを負わせたとして、高知県警高知南署は8月14日、過失傷害容疑で高知市内の男子高校生(17)を現行犯逮捕した。衝突された高知南署地域課の川村直史巡査部長(25)は救急搬送されたが、後頭部を強く打ち、意識不明の重体。

 逮捕容疑は14日午後9時10分ごろ、高知市長浜蒔絵台1丁目の歩道で、無灯火で自転車を運転。付近で別件の職務質問をしていた川村巡査部長に停止を求められたが、そのまま衝突し、けがをさせた疑い。

 高知南署によると、高校生は衝突する直前、巡回中のパトカーにも停止を求められていた。衝突の際に転倒し、額を打つなど軽傷を負った。

産経WESTより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載