ロード日本代表の浅田顕監督らが監修U17、U19、U23の全国大会「益田チャレンジャーズステージ」 島根で11月15日開催

  • 一覧
日本代表クラスの選手も出場する大会。上位入賞選手は翌年の全日本選手権ロードへの出場資格も獲得できる(写真は2014年大会)日本代表クラスの選手も出場する大会。上位入賞選手は翌年の全日本選手権ロードへの出場資格も獲得できる(写真は2014年大会)

 ユース、ジュニア、U23の世代を対象とするロードレース「Audi presents 2015第2回益田チャレンジャーズステージ」が、島根県益田市で11月15日に開催される。2年目の今大会は全日本学生ロードレース・カップ・シリーズとの共催となり、2020年の東京五輪で活躍する若い世代が競う一大ロードレースイベントへと発展する。

本場欧州顔負けのコース

各カテゴリーともに熱戦が繰り広げられる(写真は2014年大会)各カテゴリーともに熱戦が繰り広げられる(写真は2014年大会)

 コースは14.2kmの週回路を5周する計71km。見晴らしの良い直線区間とブラインドコーナーがミックスされ、テクニカルなコーナーやアタックポイントも多数織り込まれている。細かいアップダウンが繰り返されることで、獲得標高は1500mに上り、クライマーにもチャンスがあるコースとなっている。

 レース監修は、日本自転車競技連盟(JCF)ロードレース強化ヘッドコーチの浅田顕氏が代表を務めるエキップアサダが担当。日本代表チームを率いる浅田氏が、本場欧州顔負けと太鼓判を押すコース設定でレースが展開される。

 カテゴリーは、JCF登録選手によるA-U(1993~1996年生まれ)、A-J(1997、1998年生まれ)、A-Y(1999、2000年生まれ)の男子ロードレース3カテゴリー。ただしA-Uのみ、JICF(日本学生自転車競技連盟)登録選手であれば対象年齢外でも出場可能。各カテゴリーとも6位までの入賞者に賞品が用意されている。

 参加申し込みの締め切りは11月3日。9月30日までの申し込みは早期エントリーとして、参加費が1000円割引となる。

『Audi presents 2015第2回益田チャレンジャーズステージ 兼
2015全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ第10戦西日本ラウンド』

■開催日:2015年11月15日(日)
■レースカテゴリー(3カテゴリー)
(公財)日本自転車競技連盟の2015年度登録手続きを完了し、次の各種別に該当する登録競技者
(1)A-U 1993~1996年生まれの男子 71km
(2)A-J 1997、1998年生まれの男子 71km
(3)A-Y 1999、2000年生まれの男子 71km
■会場:島根県益田市北仙道地区種地区特設コース(公道)=1周14.2km
■コース概要:
-1周の獲得標高=303m
-最大標高差=136m
-コース総獲得標高=1515m
-コースマップ=http://yahoo.jp/j9MPxY(ルートラボ)
■競技規則:(財)日本自転車競技連盟の競技規則に準じ、本大会の競技特別規則を適用する。
■大会参加費用:
-(9月30日までの早期エントリー)4,000円
-(10月1日-11月3日エントリー)5,000円
■定員:100名
■参加申し込み:スポーツエントリーより
■締め切り:11月3日

【表彰対象&賞品(予定)】

■U-23
優勝:ANA旅行券7万円、チャンピオンジャージ、石州瓦楯
2位:BRIKOスポーツサングラス
3位:アミノバイタル詰め合わせ
4位~6位:未定
■U-19
優勝:益田トライビングスクール自動車免許取得合宿無料券(交通費は除く)
チャンピオンジャージ、石州瓦楯
2位:BRIKOスポーツサングラス
3位:アミノバイタル詰め合わせ
4位~6位:未定
■U-17
優勝:ANA旅行券3万円、チャンピオンジャージ、石州瓦楯
チャンピオンジャージ、石州瓦楯
2位:BRIKOスポーツサングラス
3位:アミノバイタル詰め合わせ
4位~6位:未定
■山岳賞:高級腕時計(各クラス)、山岳賞ジャージ(各カテゴリー)
■スプリント賞:自転車小物詰め合わせ、SOYOタイヤ2本(各カテゴリー)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報 島根県益田市

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載