自ら監修に携わったハードコースを快走浦上太郎が初優勝 「ダウンヒルシリーズ」第3戦ウイングヒルズ白鳥リゾート

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)のシリーズ戦「ダウンヒルシリーズ」の第3戦が8月1、2日、岐阜県郡上市のウイングヒルズ白鳥リゾートで開かれ、浦上太郎(Transition Airlines/Cleat)がシリーズ初優勝を飾った。

(文・平野志磨子、写真・Hiroyuki NAKAGAWA/DOWNHILL SERIES)

今年、井本はじめと共にウイングヒルズのコースリニューアルに携わった浦上太郎。「どうしても勝ちたかった」とダウンヒルシリーズ初優勝を決めた今年、井本はじめと共にウイングヒルズのコースリニューアルに携わった浦上太郎。「どうしても勝ちたかった」とダウンヒルシリーズ初優勝を決めた

テクニカルで気持ちいいコース

新しいコースをスタートする選手新しいコースをスタートする選手

 会場のウイングヒルズ白鳥リゾートは、国内最高峰のダウンヒルトラックとして、またレンタルバイクでも楽しめる初心者向けフィールドとしてコースリニューアルされたばかり。コースディレクターに起用された国内トップライダーの井本はじめ(SRAM/LITEC)が、「上級コースという名に恥じないテクニカルなコースをお届けしたい」と手を加えたコースが今回の舞台となった。

 スタートは、昨年までのジャパンシリーズ参加者にはおなじみのゴンドラから少し下った丘の上。コースディレクターである井本のコンセプトは「リズム良く、まっすぐに、気持ちいいダウンヒル」。その言葉通り、スタート直後からいきなり高速セクションが始まる。

 名物のシングルトラックは、よりシンプルにレイアウトされた。轍は深く、急斜面。ブレーキングに気を使うシングルをシンプルに区切ることにより、あらゆるレベルのライダーが挑戦することを考えられたレイアウトとなっている。

第2シングルの川越えセクション。この後の登り返しのこなしでタイムに差がつく第2シングルの川越えセクション。この後の登り返しのこなしでタイムに差がつく

 ゲレンデ中腹に位置するレストラン「ルック」の下を通過し、オープンなゲレンデセクションへと抜けると、今回優勝した浦上や井本、そしてエリートクラスにエントリーしている下垣大樹(Lapierre)らによってつくられたパークのような人工のバンクとジャンプが用意され、最後は急斜面を走り抜けてフィニッシュに飛び込むレイアウトだ。

女子は最多の7人がエントリー

 昨年は雨のイメージにつきまとわれたダウンヒルシリーズだが、今年は初戦から3戦続けての快晴。朝晩は高原らしく涼しいが、標高1000mのメイン会場はジリジリと太陽が照りつけ、朝8時の時点で30℃を超える暑さとなった。

コースサイドのマーシャルからも声援が送られた。これはウイングヒルズ、木下支配人のアイデアコースサイドのマーシャルからも声援が送られた。これはウイングヒルズ、木下支配人のアイデア
ゲレンデ中腹のレストラン「ルック」の地下を抜けるコースレイアウトが採用されたゲレンデ中腹のレストラン「ルック」の地下を抜けるコースレイアウトが採用された

 全エントリー65人のうち、タイムドセッションには51人が参加。第2戦SRAM PARKで優勝候補とされながらもパンクに泣いた加藤将来(AKIFACTORY/ACCEL)が2分50秒571のタイムを叩き出す。2位には浅野善亮(TEAM GIANT)、3位には浦上が入った。総合ランキングを見ると、4位には第2戦でプロライダー全員を下して賞金10万円を勝ち取った高校2年生の井岡佑介(Hott Spin NUKUPROOF)、4位には下垣とエリートクラスの2人が続いた。

前日のタイムドセッションではトップタイムだった加藤将来、勝つ気満々で挑んだ決勝では序盤のシングルで木に激突してしまった前日のタイムドセッションではトップタイムだった加藤将来、勝つ気満々で挑んだ決勝では序盤のシングルで木に激突してしまった
コース中盤のバームを抜ける!スピードを落とさずに通過するのがポイントコース中盤のバームを抜ける!スピードを落とさずに通過するのがポイント

 日曜日も快晴。コースの評判は抜群だ。7月の全日本選手権で女子ダウンヒル16連覇に加え、クロスカントリーでも優勝を飾ってダブルタイトルを手にした末政実緒(SRAM/LITEC)は、「こういうハードなコースが楽しい! もっと荒れてほしいくらい!」と笑顔を見せた。今大会には女子がシリーズ史上最多の7人もエントリーした。

 エリート男子クラスでの優勝候補や、「下克上システム」でPROクラスへの挑戦権を狙うライダーたちは黙々と試走を繰り返す。今回、会場には姿を見せたがケガのためDNSとなったPROクラスライダー井手川直樹選手(AKIFACTORY/STRIDER)には、せっかくの機会とばかりにセッティングのアドバイスを求めた参加者もいた。そういったトップライダーとの交流も、ダウンヒルシリーズ目指しているひとつの形である。

エリート女子は末政が貫禄の優勝

先日の全日本でダブルタイトルを獲得した末政実緒。「やっぱりダウンヒルは楽しい!」と笑顔の勝利先日の全日本でダブルタイトルを獲得した末政実緒。「やっぱりダウンヒルは楽しい!」と笑顔の勝利

 午後1辞30分、本戦開始。ファーストタイマー男子では幸前憲治(K-Z-P)、スポーツ男子では長縄亮磨が優勝し、次回からのクラス昇格を決める。エキスパート男子では、第2戦SRAM PARKで初出場ながらスポーツクラスからの一発昇格を決めた14歳の山田淳一(Try-J TARGET)が、2位に4秒近い差をつけて宣言通り優勝し、次戦からのエリート男子クラス昇格を果たした。

 エリート女子は危なげなく貫禄ある走りで末政が優勝。レース後、「ダウンヒルサイコー!と思えるレースでした」と語った。男子も含めた総合順位で51人中11位につけるのはさすがだ。

 エリート男子クラスは、どの会場でもピリピリとした緊張感が漂う。第1戦十種ヶ峰WOODPARKで優勝した藤村飛丸(BlankyDog/MADDY CHOCOLATE)、「タイムドセッションではやらかしちゃったので…」と試走を繰り返した金子匠(Team Yellow 小川輪業)、実力は十分ながらなかなか優勝に手が届かない下垣、そして前戦優勝の井岡ら強豪がひしめく混戦のクラスだ。

 結果、明らかに速いスピードでフィニッシュに飛び込んだ井岡が優勝。「自分らしい走りができました!」と話す井岡は2位に4秒もの差をつけ、前戦から2戦続けて「下克上」挑戦権を得た。

2位となった浅野善亮。決勝の一本、中間計測まではトップタイムだった2位となった浅野善亮。決勝の一本、中間計測まではトップタイムだった
コース中盤のオープンなセクションを走る大野良平。このコースに長年関わってきたローカルライダーでもあるコース中盤のオープンなセクションを走る大野良平。このコースに長年関わってきたローカルライダーでもある

 PROクラスでは、まずエリート男子優勝者の井岡からスタート。自身のタイムを0.5秒ほど縮めて2分49秒台でフィニッシュした。土曜日のタイムドセッションの結果では、総合1位に該当するタイムである。

PROクラスの意地 タイム短縮に沸く会場

 しかし、2戦続けて「下克上」の成功を許すわけにはいかないPROクラスライダーたち。井岡のタイムに会場が驚きの声を上げていると、第3走者の浦上が46秒台のタイムを叩き出し、会場は拍手と歓声に包まれる。これで井岡を一番高いところに立たせることはなくなった。

 続く浅野善亮も47秒台。そして「あと5秒は縮めます」と自信満々の表情でスタートへ上がっていったタイムドセッション1位で最終走者の加藤は残念ながら木に激突し、ワンストップながらも49秒台。この3人のワン、ツー、スリーが決まり、PROクラスライダーとしての意地を見せつけた結果となった。

 レース後、浦上は「今回のコースは井本はじめ選手と造成に携わっていたので、勝つしかないと思っていました。自分の作ったコースで勝つというのは気持ちいい。勝てて良かったです」と笑顔で語った。“九州の星”浦上太郎のダウンヒルシリーズ初優勝。表彰式後、誰からも愛されるキャラクターの浦上の周りには人が絶えなかった。

 第4戦・福井和泉MTB PARKは8月15、16日に開催される。

(呼称・敬称略)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ダウンヒル ダウンヒルシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載