国府田正司の「もう1つのツール」 stage7水を摂らずに足が攣り… 100円ラーメンを補給し瀬戸内を西へ

  • 一覧

 ※ネットカフェを巡る日本縦断自転車旅行「ツール ド ネットカフェ2012」に挑戦している“コーチャン”こと国府田正司さんによる連載です。
これまでの「国府田正司の『もう1つのツール』」

大阪城へ参上! 月曜日の朝でしたが、たくさんの観光客が押し寄せていました大阪城へ参上! 月曜日の朝でしたが、たくさんの観光客が押し寄せていました

 9月10日、新大阪から姫路までの約100km。ホテルをスタートして、まずは大坂城へ向かう。大坂城は本丸まで無料で、しかも自転車ごと入ることができた。これまで「ツール ド ネットカフェ」で滞在中に訪れた名古屋城、熊本城では、城門から中へ入るのに観覧料が必要だった。自転車乗りに嬉しい城だ。

 関西上陸は、6月に京都を訪れて以来。あとは大阪から下関までを走りきれば、だいたい本州を縦断できたことになる。正確に言えば“縦断”し切ってはいないのだが、そこは勘弁していただくとして「だいたい」で…。

 9月とはいえ、気候はまだ夏。大阪城の見学を終え、最初の店舗を訪問したあたりまでは、ギラギラとした日差しが照りつけていた。ところが2店舗目を出た午後2時頃、空が暗くなり始め、やがて雨が降り始めた。

 そういえば天気予報で、「午後から雨」と言ってたなぁ、と思いながら、レインウェアは着ずに、ザックとキャリアバッグにレインカバーを取り付け走る。気温は25度ほどで、寒さは感じない。

 雨は、周期的に本降り、小降りの繰り返し。本降りになると、顔や腕にあたる雨粒が痛いほどの豪雨である。基本的には走り続けていたが、身の危険を感じた時は無理せず雨宿りをすることにした。

 雨宿りや、取引先との電話対応をしていたら、予定の時間よりもだいぶ遅れてしまった。さらに、神戸の中心地を抜けるまでは信号が多く、運が悪いことにこの日はことごとく赤信号に捕まるという始末。

 遅れを取り戻そうと、ペースを上げにかかる。途中、ボトルの水がなくってしまったが、暑さは感じていないし、レインカバーで覆われたバッグから財布を取り出すのが面倒なため、放置する。ただ、走っていれば当然、喉が乾く。「次に走行車線側にあるコンビニで補給しよう」と思いながら、なんだかんだ1時間ほど走ってしまった。

明石海峡大橋。時間がなくて「明石焼き」を食べられなかったのが残念明石海峡大橋。時間がなくて「明石焼き」を食べられなかったのが残念

 それが悪かったのか、ただ単にオーバーペースだったのか、はたまたそれらが重なったのか。加古川市に入ったあたりで脚が攣ってしまった。右のハムストリングスがビキビキ言い始め、それをかばうように走っていたら、今度は左の内腿が…。

 まったくいいことがない。ここで落車や事故にあったら洒落にならないが、ペースを落とすわけにはいかないので、脚をなだめつつ速度を保ち、ラスト15kmを走り切った。

姫路駅近く、「丸十」のメニューから「大豚W野菜マシマシ」…姫路駅近く、「丸十」のメニューから「大豚W野菜マシマシ」…

 最後の最後、iPhoneの電池が切れて地図の確認ができなくなってしまったが、勘を頼りになんとか目的地に到着することができた。予定より1時間15分遅れ。それでも、快く出迎えていただいたお店の方に大感謝である。

 ゲリラ豪雨に見舞われる。両脚が攣る。アポの時間に間に合わない。iPhoneの電池が切れる――精神的にも肉体的にも消耗が激しかったので、ディナーはガッツリ系のラーメンにすることにした。

 カーボローディングというか、もやしローディング。自転車乗りの食べ物としては相応しいとは言えない“ドカ盛り”っぷり。食べきれば1200円が800円に! ということで頑張って食べました。

◇      ◇

 9月11日。姫路から倉敷までの約115km。厚い雲が垂れ込め小雨が降っていたが、「曇のち晴れ」という天気予報を信じ、国道2号線をひた走る。

晴天の倉敷・美観地区晴天の倉敷・美観地区

 今まで走ってきてつくづく思うが、「岡」と付く県は、岡(丘)が多い。岡山県も短いアップダウンが続き、それが脚を消耗させる。しかし、前日の反省を生かして財布はすぐに取り出せるようトップチューブバッグに入れ、水分補給をきちんとしたおかげなのか、脚が攣ることもなく快調に走ることができた。

100円ラーメンの「夢ぞの」。雰囲気はドライブイン100円ラーメンの「夢ぞの」。雰囲気はドライブイン
「夢ぞの」の100円ラーメン。必要にして十分「夢ぞの」の100円ラーメン。必要にして十分

 天気も午後には回復。瀬戸内市に入る頃には、カンカン照りが戻ってきた。またしても、予報的中である。

 走っていると、「ラーメン100円」の看板が目に入る。どんなものか確認しなければという使命感に突き動かされ、店に入ることに。前面の駐車場がとても広く、ドライバーと思しきお客さんで賑わっていた。お目当てのラーメンは、確かに食券が100円。他のメニューも500円以下のものが多く、2品以上注文している人もいた。

 100円ラーメンが出来上がる。味は醤油とんこつ。これで100円なら悪くない。私は知らなかったが、もしかしたら地元では有名なのかもしれない。

 ラーメンで補給した後、岡山市を抜けて倉敷市へ。前日と打って変わって、行程は極めて順調。予定よりも30分以上早く着いたため、倉敷・美観地区を観光して回ることもできた。晴天下の美観地区は、本当に美しい景観だ。

 このあとも本州“縦断”へ向け、1日100km以上の旅が順調に行くことを願うばかりである。

国府田正司国府田正司(こうだ まさし)
2008年よりダイエットのためロードバイクに乗り始め、現在では実業団レースなどへ積極的に出場。オンラインゲーム会社「NC Japan」社員。日本全国のインターネット・カフェを巡る企画を思いつき、単身、自転車旅に出る。好きなゲームは「タワー オブ アイオン」、好きな補給食はアンパン。特技は愛娘と特訓した「スマイルプリキュア!」ダンス。1977年生まれ、栃木県在住。

関連記事

この記事のタグ

国府田正司の「もう1つのツール」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載