スマートフォン版はこちら

ポタガールの2泊3日「尾道&しまなみライド」<前編>しまなみ海道の“玄関口”広島・尾道で身体も心もウォーミングアップ 女子ペースでのんびり

  • 一覧

 埼玉県から自転車の魅力を発信する「ポタガール」のメンバー、まさみんです。7月の雨予報を見事に夏空に変え、おなじみポタガールの“旅友”さおりんと一緒に、念願のしまなみ海道(広島・尾道~愛媛・今治)を走ってきました! 前編では、女子目線での尾道の楽しみ方をお届けします。

しまなみ海道の玄関口、尾道の宿泊施設「ONOMICHI U2」で旅の計画を立てるポタガールのまさみん(左)とさおりんしまなみ海道の玄関口、尾道の宿泊施設「ONOMICHI U2」で旅の計画を立てるポタガールのまさみん(左)とさおりん

東京→広島はLCCの飛行機で

今回は春秋航空で成田空港から広島空港へ!(春秋航空は、自転車を預ける場合別途料金が発生します)今回は春秋航空で成田空港から広島空港へ!(春秋航空は、自転車を預ける場合別途料金が発生します)

 今回、ライドの出発地点である尾道までは飛行機を利用しました。自転車を運ぶ点では新幹線のほうが安心なのですが、コストと時間を優先して調べたところ、LCC(格安航空会社)を使えば時間もお財布への負担も約3分の1になることがわかったからです。

 広島空港に着いてから尾道までは、さっそく自走です。空港は標高の高いところにあるので、到着後のサイクリングは下りベースの道のりでとても走りやすかったです。ただし、きちんと下調べをしていなかったので、トラックなど交通量の多い国道2号線を緊張しながら走ることになってしまいました。

 後から知ったのですが、JR呉駅からJR尾道駅まで、約82kmに及ぶ「さざなみ海道サイクリングロード」が整備されているとのこと。そういえば海沿いに出てからの道には、自転車の走行帯を知らせるブルーのラインが引かれていて、とても走りやすかった…うぅ~、めっちゃ後悔。迷い込んだ2号バイパスを抜けて、瀬戸内海を眺めながら約1時間半で宿泊先の「ONOMICHI U2」に到着しました。

広島空港から尾道へ向けて出発広島空港から尾道へ向けて出発
「ONOMICHI U2」にあるジャイアントストアのガラスには、瀬戸内海の島々としまなみ海道が描かれていて、とてもオシャレ「ONOMICHI U2」にあるジャイアントストアのガラスには、瀬戸内海の島々としまなみ海道が描かれていて、とてもオシャレ
「ONOMICHI U2」に到着! 荷物を預けてまずはランチタイム「ONOMICHI U2」に到着! 荷物を預けてまずはランチタイム

街のいたるところに「サイクルオアシス」

尾道焼きはスナズリ(砂肝)が入る。海鮮ベースの味わいにコリコリの歯ごたえでおいしさ倍増尾道焼きはスナズリ(砂肝)が入る。海鮮ベースの味わいにコリコリの歯ごたえでおいしさ倍増

 U2内の「ホテルサイクル」に荷物を預け、最初に向かったのがホテルの方に教えてもらった「お好み焼き 手毬」。大きな鉄板を囲んで、尾道焼きをいただきました。尾道焼きはスナズリ(砂肝)が入るところがポイント。海鮮ベースの味わいに、コリコリとした歯ごたえが加わっておいしさが倍増です。

 鉄板から直接、ヘラでとって食べるなんて新鮮。店員さんもお客さんもおしゃべりで大いに盛り上がり、ローカル旅の楽しさを満喫できました。「次はどこに行く?」なんて話をしていたら、お店のお姉さんが「千光寺ははずせないわ」と教えてくれて、次の目的地も即決定。

「お好み焼き 手毬」では大きな鉄板を囲んで。地元のおいしい情報もここでゲット「お好み焼き 手毬」では大きな鉄板を囲んで。地元のおいしい情報もここでゲット
「お好み焼き 手毬」のお姉さんに教えてもらった「からさわ」にアイスモナカを食べに来ました「お好み焼き 手毬」のお姉さんに教えてもらった「からさわ」にアイスモナカを食べに来ました
尾道は坂と猫だけじゃない、いたるところにアートな要素がある街。カフェやアイスやドーナッツなどスイーツのお店も多く、立ち寄りスポットがたくさんある尾道は坂と猫だけじゃない、いたるところにアートな要素がある街。カフェやアイスやドーナッツなどスイーツのお店も多く、立ち寄りスポットがたくさんある

 千光寺に上るロープウェイを目指すと、チケット売り場の前には「しまなみサイクルオアシス」というのぼりとサイクルラックが当然のように設置されていました。しまなみサイクルオアシスは、サイクリストが休憩や観光をしたり、バイクをメンテナンスしたりできるよう、地元の方々が提供してくれているスペース。観光スポットはもちろんのこと、コンビニやカフェの駐車場にも設置され、50m走るたびに1つ…というくらい数多く見かけました。

 一般的にポタリングでは、ちょっと立ち寄る際にも「どこに自転車を置いとけば迷惑にならないかな?」と悩むのが定説ですが、この街では心配無用。

千光寺からは、尾道や瀬戸内海の島が一望できる千光寺からは、尾道や瀬戸内海の島が一望できる
ロープウェイ乗り場をはじめ、町のいたるところに「しまなみサイクルオアシス」が設置されているロープウェイ乗り場をはじめ、町のいたるところに「しまなみサイクルオアシス」が設置されている
大きな数珠を回してお参り大きな数珠を回してお参り
JR尾道駅で「自転車組立場」の看板発見!JR尾道駅で「自転車組立場」の看板発見!

 しかも、それだけじゃないんです。JR尾道駅前では、「自転車組立場」という看板を発見。案内の先にあったスペースには、日差しや雨をしのげる屋根がついていました。隣にはコインロッカーまで設置されていましたよ。

 サイクリングロードもしっかり整備されているし、サイクリングマップの種類も多いし。サイクリストに対するこんなおもてなしは初めてで、涙が出てきそうです。それに、お好み焼き屋にいたおじちゃんやおばちゃんまで自転車ブランド「GIANT」を話題にしていて…なんなんだ、この街は♪

 「尾道は坂と猫の街。だから自転車にはあまり向いてないかも」なんて思っていてごめんなさい。尾道の歓迎ムードに心癒していただきました。

◇         ◇

サイクルラックのあるお部屋。自分の部屋にも欲しくなってしまうサイクルラックのあるお部屋。自分の部屋にも欲しくなってしまう

 ゆっくりお休みが取れて時間にゆとりがあるならば、広島空港から“小京都”とも言われる竹原を訪れてランチを食べ、さざなみ海道サイクリングロードを快適に走りながら尾道を目指すコースがオススメです。尾道に着いたら千光寺の展望台からしまなみ海道を眺め、明日から始まる旅のモチベーションをあげましょう! そして、地元で入手した情報を参考に(来てみないとわからないことって結構ある)、ホテルのオープンテラスで瀬戸内海の風を感じながらプランを考える――なんて、最高に贅沢な過ごし方ですね。

ホテルのオリジナルルームウエアがすごくいい! 調べたら、やはり宿泊された方から好評だったみたいでオンラインショップで購入できるとのこと。暑い日も寒い日も自転車通勤がんばる自分へ、プレゼントしちゃおうかな…ホテルのオリジナルルームウエアがすごくいい! 調べたら、やはり宿泊された方から好評だったみたいでオンラインショップで購入できるとのこと。暑い日も寒い日も自転車通勤がんばる自分へ、プレゼントしちゃおうかな…
施設内の「KOG BAR」にはこんな遊びごころが♪ 漕ぐとカウンターに飾られているネオンが光る。酔いがまわりやすいので飲酒運転にはご注意を施設内の「KOG BAR」にはこんな遊びごころが♪ 漕ぐとカウンターに飾られているネオンが光る。酔いがまわりやすいので飲酒運転にはご注意を
サイクリストには必須の洗濯機。乾燥機能付きサイクリストには必須の洗濯機。乾燥機能付き
ビュッフェ形式の朝ごはん。パンがめっちゃおいしいよ! おススメはクルミのパンビュッフェ形式の朝ごはん。パンがめっちゃおいしいよ! おススメはクルミのパン
愛知県から来ていた「ブリディオン」のみなさん。職場の仲良しメンバーで、レンタサイクルを借りてしまなみ海道で愛媛・今治まで行くとのこと愛知県から来ていた「ブリディオン」のみなさん。職場の仲良しメンバーで、レンタサイクルを借りてしまなみ海道で愛媛・今治まで行くとのこと

 さぁ、後編はしまなみ海道のレポートです。ほぼノープランにも関わらず、いろいろな出会いを楽しみながら忘れられない旅にすることができました。

<後編>距離70kmでも巨大な橋に四苦八苦 フェリーを駆使して女子にやさしいルート設計

後編はいよいよしまなみ海道のレポートです。お楽しみに♪後編はいよいよしまなみ海道のレポートです。お楽しみに♪

文 まさみん・写真 まさみん、後口沙織(ともにポタガール)

関連記事

この記事のタグ

ONOMICHI U2 しまなみ海道 ポタガール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載