大会・イベント情報2015シクロクロスの2015~16シーズン日程が固まる レースのエントリー受付も続々開始

  • 一覧
UCIレースの「野辺山シクロクロス」はJCXのレースの1つだ(写真は昨年大会)UCIレースの「野辺山シクロクロス」はJCXのレースの1つだ(写真は昨年大会)

 日本シクロクロス競技主催者協会(AJOCC)が管轄するシクロクロスレースの、2015~16シーズンのスケジュールが固まった。国内トップクラスのシリーズ戦「ジャパンシクロクロスシリーズ」(JCX)は全11戦が予定され、すでに第1戦「茨城シクロクロス」などのエントリー受付がスタートしている。また、AJOCC所管のシクロクロスレースはカテゴリーの昇格基準や登録方法が変更された。

9月から来年3月にかけ約60レースを予定

 サイクルスポーツ界の“冬の風物詩”として人気が高まりつつあるシクロクロス。AJOCC所管のレースは、9月の「さいたま秩父シクロクロス」で幕を開け、来年3月までに約60のレースが行われる予定だ。シーズン序盤の大会は、エントリーの受付がスタートしている。


秩父サイクルフェスティバル2015秋
日程:9月12日~13日
場所:埼玉県秩父市山田4386、青少年総合野外活動センター
→「秩父サイクルフェスティバル2015秋」申込ページ


宇都宮シクロクロスシリーズ第1戦 宇都宮城址公園ステージ
日程:10月10日~11日
場所:宇都宮城址公園特設コース
→「宇都宮シクロクロスシリーズ」ウェブサイト


茨城シクロクロス大会 JCXシリーズ第1戦
日程:10月12日
場所:茨城県取手市 小貝川リバーサイドパーク
→「茨城シクロクロス大会 2015-2016JCXシリーズ第1戦」申込ページ

カテゴリーもレースも多様化

 今シーズンからは、レース参加に関するカテゴリー昇格基準や登録方法などが変更される。AJOCCは、ウェブサイトなどを通じて「名簿などのシステムも変わるため、要項を確認してほしい」とレース参加者に向け呼びかけている。

AJOCCレギュレーション変更点

・カテゴリーは男子4区分、女子3区分、男子マスター3区分へ
・昇降格基準の見直し
・C1、CL1に加えC2もJCF登録が必須へ
・JCXランキング集計方法の変更
・名簿やリザルト管理のシステム化
・東海シクロクロスがAJOCCに加入
・宇都宮シクロクロスがシリーズ化

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載