さおりんの太魯閣チャレンジ<4・終>レースのあとは山あいの九份へ ポタガールの台湾観光、歩いて食べて景色も堪能!

  • 一覧

 台湾で標高3000m超を一気に駆け上がる「太魯閣国際ヒルクライム」の大会を終え、いよいよレポートは最終回・台湾観光編です。レース翌日、疲労は思ったほどひどくなく、気分は観光モードへ! ホテルで朝食を済ませ、花蓮に別れを告げました。何だかやっと、台湾の暑さに体が慣れた感じです。

ポタガール埼玉の、いくみん&さおりん。普段は“ラブ埼玉”ですが、今回は“ラブ台湾”でお届けします!ポタガール埼玉の、いくみん&さおりん。普段は“ラブ埼玉”ですが、今回は“ラブ台湾”でお届けします!

<3>標高3000mに向かって一気にヒルクライム!

花蓮をあとに、九份へ

ta4-01

 目的地は、映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれている「九份」(きゅうふん、ジュウフェン)。花蓮駅から特急「自強号」に乗って約2時間30分の電車旅です。今回の自強号は貨物車が無かったので、日本の新幹線輪行のような感じで、車両の一番後ろで座席と壁の隙間に輪行バッグを置きました。瑞芳駅から九份まではタクシー移動です。

 駅前のタクシー乗り場に行ったら、「250元で行ってあげるよ!」とそんな言葉にホイホイ乗ってしまいましたが、後で看板を見たら「九份まで180元」。あぁ…やってしまった…。まぁ、自転車乗せ価格!と思うことにしました。タクシーに乗って10分ほどで九份に到着。道が細いため、宿の近くで下車し、徒歩で宿へ向かいました。

 まだチェックインの時間ではなかったのですが、荷物を預かってもらい、とっても見晴らしがイイ場所でウェルカムドリンクを頂きました。レモンティーのような、オレンジジュースのような不思議な味で美味しかったです!

美しい景色を楽しみながらウエルカムドリンクのフレーバーティーをいただきます美しい景色を楽しみながらウエルカムドリンクのフレーバーティーをいただきます

 ひと休みして、観光へ出発~! 九份は台湾北部の山あいの町で、清の時代に金鉱が発見されて栄えた鉱山の街です。とても道が狭く、いたる所に階段や抜け道があり、迷子になりそうです。階段では前日の疲労がこたえます…。

抜け道が多い九份の市街抜け道が多い九份の市街
九份は山あいの町。海まで続く展望が美しいです九份は山あいの町。海まで続く展望が美しいです

「猫村」でランチ

 まずバス停からバスに乗り込み、再び瑞芳駅へ移動。そこから各駅電車で猫好きにはたまらない「猫村」と呼ばれている場所、猴硐駅に行きました。この猴硐駅周辺の街には昔からたくさんの猫たちが暮らしているのです。電車を降りると、いたるところに猫・ねこ・ネコ。

迷いつつも何とか瑞芳駅に向かうバスを見つけました迷いつつも何とか瑞芳駅に向かうバスを見つけました
猫の街、猴硐(ホウトン)に到着!猫の街、猴硐(ホウトン)に到着!
猫の駅長さん?猫の駅長さん?
トイレも猫づくし!トイレも猫づくし!
記念写真も猫ポーズで記念写真も猫ポーズで

 お腹が空いたので、ここでランチ。冷麺を頂きました。日本のゴマ冷やし中華みたいな感じですが、何となく、麺もタレも粉っぽい感じ。でもなかなか美味しかったですよ。駅周辺のショップや観光案内所も猫づくし。スタンプが置いてあるので、スタンプ集めも楽しいかもしれません。

昼食は冷麺!昼食は冷麺!
猫ポーズでお参り猫ポーズでお参り

 たくさんの猫の写真を撮ったり、ちょっと触れてみたり、猫カフェにも入ってみました。カフェで飼われている猫とふれあい、店内は猫のギャラリーがあったり、訪問した人達が自由に書くノートがあったり。私達も早速、書いてみました。「LOVE bicycle SAITAMA ポタガール参上」そして何故かコバトンの絵を…。誰が一番上手いでしょうか?

ta4-13
ta4-14
ta4-15
ta4-16
ta4-19
ta4-18
コバトンも思わず猫化コバトンも思わず猫化
気持ちよさそうに昼寝する猫さん気持ちよさそうに昼寝する猫さん

おやつは特大のマンゴーかき氷

 猫村には2時間くらい滞在し、九份に戻りました。九份の街を一通り散策し、今回の台湾で絶対に食べると決めていた「マンゴーかき氷」に挑戦。サイズが大きいです!! これで100元。美味しすぎて一気に完食です。

 暑さのためにライオンのようなサマーカットでお出迎えしてくれたのは、お店の看板犬「ミンミン」! とっても可愛かったです!!

狭い街路にお店と観光客が一杯狭い街路にお店と観光客が一杯
階段の多さが複雑な町の風景を生み出します階段の多さが複雑な町の風景を生み出します
九份バス停そばの寺院九份バス停そばの寺院
チャーミングにポーズを決めてくれた、お店の看板犬「ミンミン」チャーミングにポーズを決めてくれた、お店の看板犬「ミンミン」
ビッグサイズの「マンゴーかき氷」にチャレンジビッグサイズの「マンゴーかき氷」にチャレンジ

屋台で夕食、そして待望のスポットへ!

 台湾に入ってから、お腹を壊すまいと屋台での食べ物は避けてきた私達でしたが、もうレースも終わったことだし、屋台での食事を食べてみることにしました。

 屋台では、炒飯・鯛の煮物丼・麺類を頂きました。しっかりとした味付けで美味しかったです。

ta4_07
ta4_08

 入り組んだ狭い路地にたくさんのお店がありましたが、美味しいといわれる台湾のB級グルメ、臭豆腐(納豆菌と酪酸菌によって発酵させた漬け汁に豆腐を一晩ほど漬け込んだ食べ物)は、何とも独特の強烈な匂いを放っており、挑戦することができませんでした…。

ta4_09

 この後はいよいよ! 赤い提灯が特徴のあのスポットへ! よく、ガイドブックにも掲載されている、「九份」といったら必ずこの風景が掲載されている場所。

 基山街から階段の路地に入っていくと…ありました、「阿妹茶酒館」!!

華やかで幻想的な「阿妹茶酒館」!! 華やかで幻想的な「阿妹茶酒館」!! 

 ずっと見てみたかった風景! 昼間は全く分からなかったぐらいに、昼と夜の顔が全然ちがう九份に感動です。日本人観光客が大勢いて、「ここは日本か?」と思う程の人口密度…。なかなか写真を撮るのも大変でした。

街に吸い込まれてしまいそう…街に吸い込まれてしまいそう…
下界への展望も幻想的です下界への展望も幻想的です

あわただしくも楽しかった初台湾

 翌朝は風がとても気持ち良いバルコニーで朝食。とってもヘルシーな朝食で嬉しかったです。この他にお粥も頂きました。

 さて、そろそろ空港へ。荷物を持って、タクシーがある場所へ向かいます。自転車が重い重い…路地と階段はけっこうキツかったですね。

小鉢色々のヘルシー朝食小鉢色々のヘルシー朝食
美しい景色も食に彩りを添えてくれます美しい景色も食に彩りを添えてくれます

 九份からタクシーで瑞芳駅へ。そこから電車で台湾松山空港へ移動しました。空港に到着して、「忘れてた! 小龍包! まだ食べてない!」となりましたが、空港のお店には小龍包があるお店は無く、ちょっと後悔のまま台湾に別れを告げました。

 初台湾、まだまだ行きたい場所や、やってみたい事がたくさんありましたが、今回はこれで終わりです。また機会があれば、こんどは比較的、暑くない時期に行ってみたいと思います。

(レポート ポタガール埼玉・後口沙織)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ヒルクライム ポタガール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載