ジャイアントなど12社を訪ね商談、懇親栃木・那須町長が観光客誘致で台湾を訪問 トップセールスで「魅力をアピールしたい」

  • 一覧

 栃木県那須町の高久勝町長は8月4~6日、那須インバウンド推進協議会のメンバーらと台湾の旅行会社などを訪問し、初めて海外で観光客誘致のトップセールスを展開する。

那須町の高久勝町長  =2015年6月那須町の高久勝町長  =2015年6月

 同町によると、昨年に同町を訪れた外国人宿泊客8147人のうち、台湾からの旅行者は52.5%の4274人。東日本大震災前の平成22年と比べ、ほぼ2倍近くに伸びた。

 同協議会の広川琢哉会長ら協議会に加盟するレジャー、宿泊施設の関係者ら8人が同行。高久町長は3日間で台北、台中市の旅行会社など12社を回り、商談会や懇親会に臨む。

 台中市では世界最大級の自転車メーカー「ジャイアント」を訪問。高久町長は「スポーツツーリズムなどを展開しており、訪問する価値が高い。自転車のまちづくりを進める那須の魅力をアピールしたい」と話している。

産経新聞・栃木版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載