【Teamユキヤ通信】夏に異例のタイ合宿 走り込み集中する新城幸也、ブエルタ・ア・エスパーニャに照準

  • 一覧
タイ合宿で充実した練習ができているといい、満足げな表情の新城幸也 ​(写真提供:飯島美和)タイ合宿で充実した練習ができているといい、満足げな表情の新城幸也  (写真提供:飯島美和)

 ツール・ド・フランス開催中のヨーロッパはレースが極端に少ないため、新城は単身タイに渡り、この時期としては異例のタイ合宿を行っている。

 7月16日に始まった合宿は、8月8日まで続けられる。1000m級の山岳地帯で一日200km以上の距離を走り込み、タイでのロングライドイベントにゲスト参加し、300km以上の距離をサポートバイクとともに平均時速41km/hで走るなど、走り込みに集中できる環境で、ブエルタ・ア・エスパーニャやシーズン後半のレースに向けて非常に内容の濃いトレーニングができているようだ。

 新城は今後、次のようなレースを予定している。

8月11日〜15日 Tour de L’ain(ツール・ド・ラン)/フランス
8月22日〜9月13日 ブエルタ・ア・エスパーニャ/スペイン
9月27日 世界選手権/アメリカ・リッチモンド(予定)

※世界選手権については日本自転車競技連盟からまだ派遣選手の発表がなく、あくまで予定

 ツール・ド・フランスに出場しない夏を過ごした新城は、次のように語っている。

 「2011年に選ばれなかったときは、もう何もする気がなくて。しばらくはフランスにもいたくなくて日本で過ごしていましたが(笑)、今年はブエルタという目標があるから、すぐに気持ちが前を向いて、自分を追い込めるタイに行って練習しようと決断しました」

 「タイに行く前、自宅でツールをテレビで見ながら『自分がここにいたら助けてあげられたのに』と思うことは正直何度かありました。不思議なくらい冷静にレースを見ることができ、仲間にエールを送ってましたよ。そして、早く自分もレース走りたいと、うずうずしながらタイの合宿地に行き、ツール・ド・フランスを走るくらい1ヶ月で乗り込もうという目標を立て、すごく内容の濃い練習ができています」

 10月末まで続く今シーズン、練習量に裏打ちされた自信と大きな手応えとともに、まもなく新城の後半戦がスタートする。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載