CTスキャンで安全性を検査済みキャニオンがプロに供給し、使用されたバイクを販売 キンタナ、ロドリゲスの愛車も

  • 一覧
ダイヤー・キンタナ(コロンビア・モビスター チーム)が使用したUltimate CF SLXダイヤー・キンタナ(コロンビア・モビスター チーム)が使用したUltimate CF SLX

 ドイツのバイクブランド「キャニオン」が、過去にプロチームに供給し、実際に選手によってレースで使用されたバイクの特別販売を開始した。モビスター チームをはじめ、チーム カチューシャ、そして2011年まで供給チームだったオメガファルマ ロットでの使用バイクが対象だ。車体には使用した選手のネームステッカーやオリジナルペイントが施されたバイクも。著名な選手ではナイロアレクサンデル・キンタナ、ホアキン・ロドリゲス、アンドレ・グライペルらの使用バイクが公開されている。

バイクとして使用され続けるために整備

 実際にプロがレースで使用した車体のため、破損や劣化で安全性が損なわれていないかどうか心配だが、販売されるバイクはキャニオンのメカニックがすみずみまでチェックし、整備されているという。

キャニオンのバイクを駆るナイロアレクサンデル・キンタナ※写真はイメージ<Photo:Movistar team>キャニオンのバイクを駆るナイロアレクサンデル・キンタナ※写真はイメージ<Photo:Movistar team>

 社内でCTスキャンを行い、外見には判断できない内部の状況も検査済みだ。もし検査の過程で問題のある箇所が見つかれば、交換される。キャニオンでは、「販売されるバイクはコレクターズアイテムとしてではなく、バイクとして使用され続けるために整備を行っている」としている。

 車体はキャニオンのウェブサイト上で販売され、それぞれ先着順で購入できる。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャニオン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載