携帯電話やイヤホンの使用を規制栃木県で自転車「ながら」運転、9月1日から罰金 道交法改正に伴い処罰対象に

  • 一覧

 栃木県公安委員会は、道路交通法改正に伴い、自転車を運転する際、携帯電話やイヤホンを使用しながらの運転を処罰対象とすると明らかにした。道交法で自転車を運転する際の危険な行為と規定されているが、処罰対象とはなっていない「ながら運転」を県道交法施行細則で規制する。違反者には5万円以下の罰金が科される。県道交法施行細則の施行は9月1日から。

 県警交通企画課によると、6月1日の道交法改正で、自転車運転の危険行為が明確に規定され、運転者講習制度が導入されたが、携帯電話やイヤホンを使用しながらの運転そのものは処罰対象にはなっていない。ただ、県外では、道交法施行細則で処罰対象としている地域も多く、自転車が絡む重大事故も増えているとして今回、事故防止の観点から県道交法施行細則を改正した。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載