ブランドが「過去最高」を謳う旗艦モデル空力性能も安定性も向上したメリダ「スクルトゥーラ」 2016年の2モデルに試乗

  • 一覧

 台湾のバイクブランド「メリダ」から発表されたロードバイク「SCULTURA」(スクルトゥーラ)の2016年モデルを、メリダの新製品発表会で試乗した。新しいスクルトゥーラは、トップレベルのレースで活躍するオールラウンドバイクとしての機能・性能をさらに昇華させた意欲作。メリダが「過去最高のロードバイク」とアピールする旗艦モデルのインプレッションをお届けする。(レポート 松尾修作)

ハイスピードの下りはUCIプロツアーチームの高い要求に応えているハイスピードの下りはUCIプロツアーチームの高い要求に応えている

 スクルトゥーラの上位モデルは、メリダのラインナップの中で山岳向け軽量バイクの地位を担ってきた。今回の2016年モデルは4代目となり、さらなる軽量化を実現。最も軽いCF5グレードのフレームは720g(56cmサイズ)、ランプレメリダがUCIプロツアーの実戦で使用するCF4グレードは800g(56cmサイズ)だ。

 軽さを追い求めるだけでなく、空気を切り裂く“スピード”という課題も追求。風洞実験を重ね、翼断面の後半部分をカットした「NACA Fastback」形状をダンチューブやフォークに採用して空力性能を向上させた。

ブラッシュアップされた「スクルトゥーラ チーム」

メリダ「スクルトゥーラ チーム」メリダ「スクルトゥーラ チーム」

MERIDA SCULTURA TEAM(メリダ スクルトゥーラ チーム)
税抜価格:830,000円(完成車)、269,000円(フレームセット)
サイズ:44、47、50、52、54cm
カラー:シルクUD(ランプレチーム)
コンポーネント:シマノ・デュラエース
ホイール:フルクラム・レーシングゼロ カーボン
完成車重量:6.5kg

流行りの25Cに合わせたシートステーのクリアランス流行りの25Cに合わせたシートステーのクリアランス
スムーズなワイヤーラインをつくるスモールパーツスムーズなワイヤーラインをつくるスモールパーツ
リアブレーキはダイレクトマウントブレーキが採用されBB下に装着されるリアブレーキはダイレクトマウントブレーキが採用されBB下に装着される

 
スクルトゥーラは昨年に前モデルを試乗し、しっとりとして乗りやすいオールラウンドバイクという印象が残っている。しかし、今回の2016年モデルは大幅に印象が変わり、より剛性が上がったフィーリングで、パリッとした乗り味が魅力的だった。

 剛性が高いバイクにありがちな、左右の脚を踏み下ろした際に感じるギクシャク感がなく、片側の脚が下死点に移動した時に小さなウィップを感じ、もう片方の脚が上死点をスムーズに通過できるようなフィーリングだ。ヘッドの剛性が上がったおかげで、ダンシングする際の振りは軽くなっている。上半身を利用してのペダリングでも、軽快さが向上していると感じた。体幹への負担も少ないだろう。

メリダ「スクルトゥーラ チーム」メリダ「スクルトゥーラ チーム」

 特に良かったのがハンドリングで、高出力時の安定性がとても高い。ダンシングで思い切り左右に振ってスプリントしているときでも、フレームの歪みを感じることなく、安定したハンドリングを維持できる。プロツアーチームの高い要求に応えたセッティングのおかげだろう。ダウンヒルでの高いスピード域でも車体が暴れることなく、意図したラインをトレースできるので、上級者でなくとも扱いやすいバイクだと感じた。自分のライディング技術が上がったのかと思うほどだ。

 軽量でありながら、剛性が高く、エアロ効果も向上―高性能の“全部盛り”といえる2016年モデルのスクルトゥーラに、不満を持つ人はあまりいないと思う。唯一気になったのはシフトワイヤーの取り回しだ。ダウンチューブの中ほどからラインを通しているため、ダンシングの時に足に当たってしまった。組み方によるかもしれないが、これでは集中したい場面で思わず下を向いてしまう。個人的には電動コンポーネントで組みたいと感じた。

軽量でありがならバランスのとれた「スクルトゥーラ9000」

メリダ「スクルトゥーラ9000」メリダ「スクルトゥーラ9000」

MERIDA SCULTURA 9000(メリダ スクルトゥーラ9000)
税抜価格:1,200,000円(完成車)、329,000円(フレームセット)
サイズ:44、47、50、52、54cm
カラー:シルクUDカーボン(ホワイト)
コンポーネント:スラム・レッド22
ホイール:DT SWISS・Mon Chasseral カーボンクリンチャー
完成車重量:5.8kg

軽量化のため、最低限のペイントに抑えられたフレーム表面軽量化のため、最低限のペイントに抑えられたフレーム表面

 CF5グレードのフレームを使用して軽さを追求した「スクルトゥーラ9000」にも続けて試乗した。軽量モデルだが、「スクルトゥーラ チーム」と遜色ないバランスの良さが印象的だ。若干、走行フィーリングに柔らかさを感じたが、恐らく装着されているホイールの剛性要素がほとんどで、全体的な性能は重量を除いて変わらない。

バランスを変えず、さらに軽量になった「スクルトゥーラ9000」バランスを変えず、さらに軽量になった「スクルトゥーラ9000」

 目を引く重量だが、持っても乗っても軽い。物理的に軽いので、上りの軽快さは「スクルトゥーラ チーム」と比べて一枚上手だ。剛性感はそれほど失っておらず、ダンシングでもシッティングでも振りが軽く、しっかり進む。このバイクの魅力であるハンドリングが生きて、安定しながら鋭くコーナーを抜けることができる。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクメリダ(MERIDA)のロードバイク

20~30万円 2016年モデル バイクインプレッション フレームセット メリダ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載