フリーダイヤルで受付パナソニックが電動アシスト自転車用バッテリーをリコール 不具合で発火の恐れ

  • 一覧
発火の恐れがあるとして、パナソニックが無料で交換する電動アシスト自転車用バッテリーの一例発火の恐れがあるとして、パナソニックが無料で交換する電動アシスト自転車用バッテリーの一例

 パナソニックは7月27日、電動アシスト自転車用のバッテリーが発火する恐れがあるとして、2012年12月から2013年4月にかけて製造した6万68個を無料で交換すると発表した。

 パナソニックによると、今年5月に横浜市と兵庫県高砂市で、バッテリーが発火したとの報告があった。横浜市の事故では煙を吸った2人が救急搬送されたが、けがはなかった。原因を調べた結果、製造上の不具合によりバッテリー内で電解液が漏れ出し、ショートしたためと判明した。

 内訳は、自転車に搭載して販売したものが約5万4千個、交換用に単体で販売したものが約6千個。品番は「NKY449B02」「NKY450B02」「NKY451B02」「NKY452B02」「NKY454B02」の5種類。

 問い合わせはフリーダイヤル(0120)870355。8月26日までは毎日午前9時から午後9時まで、その後は土、日、祝日を除き午前9時から午後5時まで受け付ける。 (共同通信)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

リコール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載