ワイヤ錠などを工具で切断高級自転車ドロボー繰り返した男を逮捕 販売経験生かし品定め、30件以上に関与か

  • 一覧

 高級自転車ばかりを狙って盗みを繰り返していたとして、大阪府警大淀署は7月24日、窃盗容疑で、住居不定、無職、白砂直人容疑者(31)を逮捕、送検したと発表した。容疑を認め、すでに一部については同罪で起訴されている。

 同署によると、白砂被告は「昨年5月から今年6月の間に30件くらいやった。生活費のためだった」などと供述。同署は、白砂被告が三十数件(被害総額計約170万円相当)の同様の自転車盗に関与したとみて裏付け捜査を進めている。

 逮捕・送検容疑は昨年7月上旬、大阪市天王寺区のマンション駐輪場で、米国の自転車メーカー「キャノンデール」のマウンテンバイク1台(時価28万円相当)を盗むなど、兵庫県や大阪府内で高級自転車を繰り返し盗んだとしている。

 同署によると、白砂被告は自転車販売の仕事をしていた経験があり、高級な自転車を見極めた上でワイヤ錠などを工具で切断し、盗んでいたという。盗んだ自転車はリサイクルショップで売りさばいていた。

産経ニュースWESTより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載