ツール取材日記「きょうのきいろ」<12>猛暑に輝く沿道の“太陽” 「娘にせがまれて」ヒマワリ畑から親子で観戦

  • 一覧

 いつになく厳しい暑さに見舞われている欧州。ミュレからロデズまで198.5kmで争われた7月17日のツール・ド・フランス第13ステージも、気温は38℃まで上昇し、自身に水をかけたり、ボトルを頻繁に受け取ったりする選手の姿が目立った。沿道の観客には、並木道や建物の影など涼しい場所が人気だったが、一方で日差しを受けて輝く一面のヒマワリ畑が印象的なコースでもあった。(ロデズ 柄沢亜希)

ヒマワリ畑の横で観戦をしていたルトランさん親子ヒマワリ畑の横で観戦をしていたルトランさん親子

 広大な畑の間を通過するコースを進んでいて、黄色のじゅうたんが見えたら、ヒマワリの大群だ。ちらほら咲き始めたばかりの畑もあれば、満開の畑もある。親子でヒマワリ畑の前に観戦場所をセッティングしていたのは、ジェレミー・ルトランさん(Jérémy Lutran)と4歳のアデリーちゃん(Adélie)だ。

 「10km離れた町から到着したばかり」というルトランさん親子。実はこの日は、アデリーちゃんがお父さんに観戦をおねだりしたのだという。「いつもは一緒にTV観戦をしていて、自転車に乗るのも好き。沿道観戦は僕は2度目だけれど、きょうはアデリーが『行きたい』って言わなかったら来なかったよ。妻は下の娘と一緒にお留守番。妻が家でTV観戦しているかって? 観てないと思うよ(笑)」

コース沿いの並木の木陰は格好の観戦スポット。ワインなどを手に日焼け準備も万端な人たちもコース沿いの並木の木陰は格好の観戦スポット。ワインなどを手に日焼け準備も万端な人たちも
町外れに出るといたるところにヒマワリ畑が広がっていた(7月12日撮影)町外れに出るといたるところにヒマワリ畑が広がっていた(7月12日撮影)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2015 ツール2015・コラム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載