サイクリスト

御神火ライド2018
title banner

日向涼子「エタップ・デュ・ツール」への道イチから学びなおしたライディング エタップに懸ける日向涼子さんのトレーニング記録<前編>

  • 一覧

 フランスのアルプス山脈で開かれる過酷な山岳サイクリング大会「エタップ・デュ・ツール」に出場するモデルの日向涼子さん。今年初めに参加を決意して以降、厳しいコースを完走するためにハードなトレーニングを重ねてきた。7月19日に大会を控え、これまでCyclistが取材してきた日向さんのトレーニングを振り返ります。

バイクのコントロール技術を高めるため、スラロームの練習をする日向涼子さん =2015年6月バイクのコントロール技術を高めるため、スラロームの練習をする日向涼子さん =2015年6月

“アンジー”でヒルクライム練習へ

エタップ・デュ・ツールに挑戦するための愛車に選んだのが、トレックの「カスタム・ドマーネ6」。日向さんは“アンジー”の愛称を名づけた =2015年5月エタップ・デュ・ツールに挑戦するための愛車に選んだのが、トレックの「カスタム・ドマーネ6」。日向さんは“アンジー”の愛称を名づけた =2015年5月

 エタップ出場を決めた日向さんが最初に取り組んだのが、相棒となるロードバイク選び。それまでヒルクライム大会に向いているとされる軽量バイクを使用してきたが、エタップは国内のヒルクライム大会と比べて走行距離がはるかに長いうえ、上りだけでなく下りも重要になる。そこで、乗り心地がよく安定性の高いバイクとして、トレックのドマーネを選択した。

 トレックのカスタムオーダープログラム「プロジェクトワン」を利用し、カラーリングやパーツの仕様を日向さん自身がチョイスしたカスタム・ドマーネは4月下旬、米国から日本に到着。初めて愛車と対面した日向さんは、美しさと優しさをたたえたような凛とした佇まいに米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんのイメージを重ね、愛称を「アンジー」と命名した。

 5月、初めて本格的な山岳練習に訪れたのは、茨城県の筑波山系。日向さんがヒルクライムの師匠と仰ぐ自転車ライターのハシケンさんと一緒に、激坂を含むアップダウンの周回コースを巡った。

アンジーと一緒に筑波山系を訪れ、ヒルクライム練習に挑戦。トレック「ドマーネ」の乗りやすさと疲れにくさに驚いた (佐藤正巳撮影)アンジーと一緒に筑波山系を訪れ、ヒルクライム練習に挑戦。トレック「ドマーネ」の乗りやすさと疲れにくさに驚いた (佐藤正巳撮影)

 すでに筋トレを含め体作りに取り組んできた日向さん。撮影を兼ねて練習に臨んだこの日、本気のライドは1時間程度だったが、愛車アンジーとの相性を確かめるように、何度もペースを上げたり下げたりした。

 シッティングとダンシングを織り交ぜつつ、厳しい坂道で“もがき”を含めて全力を出し切った日向さん。練習を終えて満足層な笑顔を見せた。

ヒルクライマーとして活躍する日向涼子さん(右)。激坂をグングン上る! (佐藤正巳撮影)ヒルクライマーとして活躍する日向涼子さん(右)。激坂をグングン上る! (佐藤正巳撮影)

 「ドマーネはとても安定していて乗りやすい。細かなセッティングはこれから詰めていきますが、不安はありません」

 入手したばかりの新しいバイクに十分な手ごたえを感じたようだった。

今年は筋トレでパワーアップを図ってきた日向さん。ダンシングのフォームも安定していてパワフルだ (佐藤正巳撮影)今年は筋トレでパワーアップを図ってきた日向さん。ダンシングのフォームも安定していてパワフルだ (佐藤正巳撮影)
頂上付近でガッツポーズ。調子は上々 (佐藤正巳撮影)頂上付近でガッツポーズ。調子は上々 (佐藤正巳撮影)

 また、5月10日には、徳島県で開かれたロングライド大会「ツール・ド・にし阿波」へ昨年に続いてゲスト出場。この日が、愛車アンジーのサイクリングイベントへのデビュー戦となった。大会では、ゲストの日向さんが参加者とふれあいつつ、四国の山岳コースを楽しめるよう“日向涼子専用コース”を用意。日向さんは、急峻な山々が続くコースを“仮想エタップ”と位置付けてトレーニングに取り組み、距離113.2km、獲得標高2403mのコースを走りきった。

徳島県で開催された「ツール・ド・にし阿波」では、アンジーと共に出場。113kmの本格的な山岳コースを走破した =2015年5月10日徳島県で開催された「ツール・ド・にし阿波」では、アンジーと共に出場。113kmの本格的な山岳コースを走破した =2015年5月10日
ツール・ド・にし阿波で、カメラに向かってポーズ!ツール・ド・にし阿波で、カメラに向かってポーズ!

「日向涼子オリジナルウェア」でエタップ出場へ

シックでゴージャスな雰囲気が魅力シックでゴージャスな雰囲気が魅力

 エタップ・デュ・ツール参戦にあたり、日向さんは自らデザインを手掛けたオリジナルサイクルウェアを製作。5月中旬以降は、トレーニングライドやサイクリングイベントで主にこのジャージを着用してきた。

 ウェアはグリーンのグラデーションとブラックをベースに、シャンパンの泡をイメージした泡が描かれ、エタップ参戦を記念したエンブレム風のデザインもあしらわれている。また、背面のポケットの内部には、日向さんが描いたイラストとメッセージが潜んでいる。

 日向さん自身がエタップ本番で着用するジャージは、前面にサポート企業のロゴが大きく描かれた仕様。一方、ファンや一般サイクリスト向けには、企業のロゴがないベーシックなデザインのジャージとウインドブレーカーが販売されている。

半袖ジャージと共に、ウィンドブレーカーも用意。エタップ本番が悪天候でも走りきるためのアイテムだ半袖ジャージと共に、ウィンドブレーカーも用意。エタップ本番が悪天候でも走りきるためのアイテムだ
ジャージのポケット内には、日向さん自身が手がけたイラストが潜んでいるジャージのポケット内には、日向さん自身が手がけたイラストが潜んでいる
一般向けジャージも販売され、ファンの方々との新たな交流につながっている一般向けジャージも販売され、ファンの方々との新たな交流につながっている

 一般向けに販売されているのは、半袖ジャージ、ウインドブレーカー、サイクルパンツ(肩ひも付き)、同(肩ひもなし)の4アイテム。いずれもサイクルウェアメーカー「ウエイブワン」による日本製の製品で、産経netShopが完全受注生産で取り扱っている。予約申し込みは7月末まで、次回の製品発送は9月上旬の予定。

元MTBアジア王者が熱血指導

 5年前からロードバイクに親しみ、ヒルクライム大会では上位入賞の経験も多い日向さん。ヒルクライムに向けた練習を中心に、筋トレや、パワーメーターを使った本格的なトレーニングにも取り組んできた。しかし、エタップに向けて大きな不安も残っていた。それは、平坦や下り坂が苦手で、集団走行の経験も少ないことだ。

 そんな悩みを解消しようと、日向さんは6月、トレック・ジャパンのスタッフでマウンテンバイク(MTB)クロスカントリーの元アジア王者、野口忍さんに指導を仰ぎ、バイクのコントロールや乗りこなし方について、基本的なポイントをイチから学びなおした。

転倒してもけがをしないよう、ひじとひざにプロテクターを装着転倒してもけがをしないよう、ひじとひざにプロテクターを装着
あれれ…へっぴり腰になってしまい、なかなかうまく曲がれないあれれ…へっぴり腰になってしまい、なかなかうまく曲がれない
トレック・ジャパンの野口忍さんの後ろについて、スムーズな体重移動を習得トレック・ジャパンの野口忍さんの後ろについて、スムーズな体重移動を習得
ロードバイクのバランス感覚をイチから学んだロードバイクのバランス感覚をイチから学んだ

 徐行や、自転車に乗ったままの静止などを経験した後に、広い空き地にパイロンを置いて、スラローム練習に挑戦。転倒してもけがをしないよう、ひじとひざにはプロテクターを装着するなど、まさに特訓状態だ。

 日向さんは、最初はなかなかスムーズに曲がれず、また前輪はパイロンをクリアしても後輪で踏んでしまうなど失敗を繰り返した。

 しかし野口さんから、体重を外側の足にかけて内側のひざは少し開くなどテクニックを教わり、徐々に早いペースでスムーズにクリアできるようになっていった。

ハンドルの握り方や幅の感覚は、集団で走る際に重要だというハンドルの握り方や幅の感覚は、集団で走る際に重要だという
じゃれ合っているわけではなく、集団走行で接触しても倒れないために、わざとぶつかる練習に挑戦じゃれ合っているわけではなく、集団走行で接触しても倒れないために、わざとぶつかる練習に挑戦

 また、約1万人が出場するエタップ本番では大きな集団で走ることも想定し、周囲のライダーと接近したり、接触したりすることに慣れる練習にも取り組んだ。日常のライドにはあまり関係ないようなシチュエーションだが、小さな不安や苦手意識を摘み取るためにはとても有効な取り組みだ。

 練習を終えた日向さんは「バイクを思い通りに操るコツがあることがわかってきた」と、自転車のより奥深い世界に開眼したようだった。

→<後編>を読む 

 

トレーニングの相棒に フォード「フィエスタ 1.0エコブースト」

フォード「フィエスタ」でヒルクライム練習に出かけた日向涼子さんフォード「フィエスタ」でヒルクライム練習に出かけた日向涼子さん

 エタップ・デュ・ツールへの挑戦を目指してきた日向さんが、トレーニングに向かう移動手段として使用したクルマが、サポート企業のフォード・ジャパンが取り扱う「フィエスタ 1.0エコブースト」。スポーティーでスタイリッシュな外観と、3気筒997ccの小型ながらパワフルなエンジンが特徴のプレミアム・コンパクトだ。

日向涼子さんの愛車「トレック・ドマーネ」は、後席を倒して拡大したラゲッジスペースに、前輪を外した状態ですっぽり収まった (佐藤正巳撮影)日向涼子さんの愛車「トレック・ドマーネ」は、後席を倒して拡大したラゲッジスペースに、前輪を外した状態ですっぽり収まった (佐藤正巳撮影)

 全長が4mに満たない小さなボディながら、室内は十分に広い。ロードバイクなら、リアシートを倒してラゲッジスペースを広げれば、前輪を外すだけで簡単に積載できる。ちょっと遠方のライドへ出かける際などに便利で、バイクが雨に濡れる心配もない。もちろん輪行バッグに収納した状態でも載せられる。

ギュッと凝縮されたようなリアビュー (佐藤正巳撮影)ギュッと凝縮されたようなリアビュー (佐藤正巳撮影)インテリアはスポーティーかつ未来的なデザイン (佐藤正巳撮影)インテリアはスポーティーかつ未来的なデザイン (佐藤正巳撮影)エンジンはわずか1000ccだが、高効率ターボチャージャーのおかげでパワフル&スムーズ (佐藤正巳撮影)エンジンはわずか1000ccだが、高効率ターボチャージャーのおかげでパワフル&スムーズ (佐藤正巳撮影)

 フィエスタは、米国ブランドのフォード車でありながら、ヨーロッパで企画・設計されたグローバル製品。ライバルはドイツやフランスのコンパクトカーで、高い性能や品質を競っている。クラシックとモダンを織り交ぜた小粋で美しいデザインには、男性でも女性でもスタイリッシュに乗りこなせる懐の深さがある。

 エンジンは小排気量ながら、加速など必要なタイミングでターボチャージャーの過給が最大限発揮され、いつも驚くほど力強い。不快な音や振動は抑制され、小気味良い排気音やフィーリングが演出されている。また、高効率のデュアルクラッチ方式6速トランスミッションを備え、スポーティーな走りにもジェントルなドライブにも応えて好燃費に貢献している。

 エンジンが小さいため車体前部の重量が軽く、それが自然なハンドリングに結びついている。山道に入っても車体は安定を失わず、挙動が予測しやすいため、ドライバーに安心感をもたらしてくれる。

 インテリアはスポーティーな装いに統一され、男女を問わずなじみやすい雰囲気。またオートスピードコントロール、リアビューカメラなど充実の装備を備えている。サイクリストの相棒としてぜひ検討したい一台だ。税込236万円。(Cyclist編集長 上野嘉之)

【取材協力 フォード・ジャパン】 

→「フォード・ジャパン」ウェブサイト

フォード「フィエスタ」でライド練習に訪れた日向涼子さん (佐藤正巳撮影)(佐藤正巳撮影)

 

エタップ挑戦をサポートするブランド

  • FORD
  • TREK
  • FESTINA
  • wave-one
  • au損保
  • KTC
  • Cybus

 

関連記事

この記事のタグ

日向涼子 日向涼子 エタップ・デュ・ツールへの道 自動車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載