ツール取材日記「きょうのきいろ」<8>ノルマンディーでは黄金色のシードル リンゴの魅力たっぷりの食卓

  • 一覧

 ノルマンディー地方はリンゴの名産地。料理やデザートに多用されるほか、アルコール飲料「シードル」や「カルヴァドス」も生産されている。記者が取材と原稿執筆を終えたとき、黄金色に輝くシードルが、いつもならビールが担う「お疲れさま」の役目を完全に奪い取った。(フジェール 柄沢亜希)

地元ラベルのシードルで乾杯。美しい黄金色ときめ細やかな泡が特徴地元ラベルのシードルで乾杯。美しい黄金色ときめ細やかな泡が特徴

 レストランでメニューを開くと、「750ml/9ユーロ、200ml/3ユーロ」とある。アルコール度数は4.5%。「れっきとしたお酒なのに、こんなに安いことってある?」――狐につままれたような気分で750mlを注文すると、シャンパンのように立派なボトルがドンと置かれた。

 グラスを口に近づけると、フレッシュなフルーツが放つ、酸味を含んだ芳醇な香りが漂い、口に含めばきめ細かな泡が喉を優しく撫でる。爽やかなあと味の中に、ハチミツのような柔らかい甘さが残ることに気づき、思わず笑みがこぼれた。飲みきれなかった分は栓をしてくれたので、クルマのトランクに載せて一緒に移動している。次のホテルで、また乾杯しようか。

食事を撮影していると「撮ってあげるよ」と記者も撮影された食事を撮影していると「撮ってあげるよ」と記者も撮影された
締めのデザートはアップルパイ。たっぷりの生クリームを添えて締めのデザートはアップルパイ。たっぷりの生クリームを添えて

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2015 ツール2015・コラム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載