ENJOY!SPORT BIKE 2012爽快な高原コースをサイクリストが駆け抜けた 「嬬恋・万座ハイウェー ヒルクライム」歴史を刻んだ初開催

  • 一覧
美しい高原のハイウェーを駆け上る選手たち美しい高原のハイウェーを駆け上る選手たち

 群馬県嬬恋村の自動車専用道路「万座ハイウェー」を舞台に9月9日、第1回となる「嬬恋・万座ハイウェー ヒルクライム大会」が開催された。サイクリストたちが初めてこの道路を自転車で駆け上り、約1000人が完走。トップ選手はハイスピードレースを展開したほか、ヒルクライムは初めてというビギナーも数多く参加し、思い思いのペースで高原の眺望と、自分への挑戦を楽しんだ。表彰式会場では嬬恋村の特産品を用いた料理が大量にふるまわれ、コース沿道のボランティアも地元が全面的に協力するなど、村をあげての一大イベントとなった。

メイン会場の嬬恋村商工会館前はたくさんの自転車と選手たちで埋め尽くされたメイン会場の嬬恋村商工会館前はたくさんの自転車と選手たちで埋め尽くされた
メイン会場からスタート地点へ向かうコンペティションクラスの選手たちメイン会場からスタート地点へ向かうコンペティションクラスの選手たち

 大会では8日に前夜祭が行われ、ゲストの浅尾美和さんらによるトークで盛り上がった。9日は朝から選手たちが嬬恋村商工会館前のメイン会場に集結。万座ハイウェーの始点の先にあるスタート地点へ移動して、コンペティションクラスの選手たちが一斉にスタートを切った。その後、スポーツクラスの選手も順次、万座ハイウェーへと挑んでいった。

コンペティションクラスがスタートコンペティションクラスがスタート
コース中盤からは眺望が開けたコース中盤からは眺望が開けた

爽快なコース

総標高差912mを登りつめ、ついにフィニッシュラインへ総標高差912mを登りつめ、ついにフィニッシュラインへ

 コースは約18km、標高差約912m。序盤こそつづら折の急カーブが連なって勾配がきついが、その後は比較的走りやすく、全体の平均勾配は約5.0%とヒルクライムレースの中では比較的穏やかだ。

 中盤以降は眺望が開け、高原ならではの爽快感を味わえる。時折平坦な部分も現れるため、足を休めたり呼吸を整えたりしてペースをつかみやすい。途中の「嬬恋牧場」前広場では給水所が設けられ、ボランティアの地元中学生らがボトルに水を入れるなどのサービスを提供。ヒルクライムのビギナーも安心して走れるよう配慮されていた。

優勝賞品は「嬬恋キャベツ」

男子チャンピオンクラスの表彰式。優勝した宮本賢一さんにはキャベツが箱ごと贈られた男子表彰式
女子チャンピオンクラスの表彰式で、優勝賞品のキャベツを掲げる栗原春湖さん女子表彰式

 コンペティションクラスでは、招待クラスの長沼隆行、黒岩信允両選手(ともにVAX RACING)と、ヒルクライムの強豪として知られる宮本賢一選手(LC Mont et Lac)の3人が抜け出してデッドヒートを展開。最後は招待の2選手が逃げ切ったが、41歳の宮本選手が堂々の初代チャンピオンの座を勝ち取った。

 女子では栗原春湖選手(ARAI MURACA)が男子上位選手の集団走行に加わるなど強さを発揮し、ただ1人だけ1時間を切る55分台をマーク。2位以下に7分半もの差をつけて圧勝した。

 ゴール後は、万座プリンスホテル前の広場に表彰会場が設けられ、DJのサッシャさんとサイクルライフナビゲーターの絹代さんによるMCで華やかな式典が行われた。各クラスの1位には嬬恋村特産のキャベツが箱ごと贈られ、男子チャンピオンの宮本選手には白、女子チャンピオンの栗原選手には黒のチャンピオンジャージも授与された。

表彰会場で“おもてなし”

 また表彰会場では、嬬恋村の提供によりバナナ、トウモロコシ、ジャガイモ、キャベツ、笹まんじゅう、甘酒、コーンスープ、ぜんざい…などの食料が大量に用意され、疲れきった選手たちに振る舞われた。中でも、味噌マヨネーズのかかった新鮮なキャベツは人気の的。目の前で調理してくれた地元の方々に、選手からは「ありがとう」と感謝の声が飛び交った。

表彰式の会場では、笹まんじゅうやキャベツなど地元の特産品がふんだんにふるまわれた笹まんじゅうやキャベツなど特産品がふるまわれた
嬬恋キャベツを「いただきま~す!」嬬恋キャベツを「いただきま~す!」

 表彰式後に自転車で下山する選手たちには、先導車に続いて安全な速度で走行する措置がとられ、大会は大きな事故もなく終了した。実行委員会と嬬恋村では、来年も開催することを申し合わせており、この地で新しいヒルクライムの歴史が刻まれていくことだろう。
 

コンペチャンピオン男性 レース結果
1 宮本 賢一(LC Mont et Lac) 44分28秒
2 中澤 潤(e-cycleカワハラダ) 46分19秒
3 保川 信行(cicli HIDE) 46分21秒

コンペチャンピオン女性 レース結果
1 栗原 春湖(ARAI MURACA) 55分31秒
2 西形 舞(TRCパナマレッズ) 1時間3分9秒
3 伊藤 育美(OneWay)  1時間8分27秒

レース結果一覧(大会HP)


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載